知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

少ししか食べてないのに胃がパンパンに張る!苦しい膨満感の原因が知りたい

      2016/10/10


ほんのちょっと食べただけで胃がパンパン。

まるで消化機能が止まってしまったかのようにお腹が空かない。

苦しいので動くのも辛い。

妊娠しているかのようにお腹が膨らむ。

こんな症状に悩まされていませんか?

考えられる原因を書いていきます。

スポンサーリンク

ゲップがよく出る呑気症(どんきしょう)

”のんき”と呼んでしまいがちですが、呑気症(どんきしょう)というのがあります。

これは、別名「空気嚥下症(くうきえんげしょう)」とも呼ばれます。

これは食事中、気づかないうちに空気を飲み込んでしまっていて起こります。

空気を吸い込むのは、誰でもなのですが呑気症の方は、普段の生活でも空気を飲み込んでいます。

何か心配事や不安や緊張の時のストレスが空気を飲み込み、

知らず知らずにたくさんの空気を吸い込んでしまうのです。

ほとんどストレスが原因なので、それを取り除くのが最善となります。

おなら(ガス)がパンパンに溜まっている膨満感

小食 胃 パンパン

食事をすると、ガスが体内で発生します。

そのガスは、呼吸やおならで体の外に出ていきます。

病気や体のバランスを崩した時に、ガスが腸内にたまっていき、お腹の膨満感を引き起こします。

便秘過敏性腸症候群がそうです。

それ以外には、腸内環境が悪くなり悪玉菌がたくさん増えた時などには臭いおならが出るようになります。

関連記事→熱い、臭いおならが止まらない!オナラの匂いを消す簡単な対策が知りたい

肝機能の低下

暴飲・暴食などから肝臓の機能が低下すると、食欲がなくなったり膨満感がでたりします。

また便の色が白くなったりという症状が出てきます。

関連記事→便が白い!胆汁が原因?気になる病気が何か知りたい

運動不足

お腹周りの腹筋が弱くなってくると内臓がさがってきます。

また、力む力が弱いために排便が上手くできなくなり、腸内に便が残るようになります。

残留便があるせいで消化が上手くできず、胃の張りにもつながります。

筋力低下が便秘につながります。

便秘は自覚症状がない場合があります。

お腹がパンパンなのは、便が詰まっているからかもしれません。

筋力低下の可能性のある人は、オイルの力でつるんと出る、オイルデルを試してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

胃の張りを楽にする方法とは

まず、肝機能低下の症状がない場合は、整腸剤を試してみるのも一つです。

腸の働きが落ちていることから、胃の働きまで低下している可能性が高いです。

整腸剤を使用しながら、様子を見ましょう。

できるだけ気にしない

少ししか食べていないのにお腹が張るので、あまりたくさん食べれなくなります。

そんな時は、ダイエットができているなどと考え気に病まないようにしましょう。

ストレスが増えると、どんどん気になってしまいお腹が苦しくなってしまいます。

歩く距離を増やす

歩く距離を増やすなど、運動量を少し増やしましょう。

代謝が上がり内臓機能も活発になってきます。

最後に

気になることがあれば、すぐ病院へ行くのが大切です。

ただし、生活習慣病から来ていた場合には、結局同じことの繰り返しです。

お腹が張るというのは、健康であればならないことです。

自分で原因も考えながら対処するようにしましょう。

スポンサーリンク

 - 健康・医学 , , , , , , , , , , , ,