知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

納豆ごはんは黄身だけがいい?納豆ごはんのおいしいレシピが知りたい

   


納豆は、毎日食べても飽きないです。

なかには苦手な人もいますが、好きな方にとっては納豆は冷蔵庫に常備しておきたい食品です。

私は常に冷凍庫に納豆をストックしていて、食べたい時に解凍して食べています。

そんな納豆好きの私が、納豆を美味しく食べれるレシピを紹介致します。

スポンサーリンク

納豆には黄身だけ 白身を入れない?

シンプルに納豆のみで食べることもありますが、私が好きなのは卵を入れて食べる納豆です。

%e7%b4%8d%e8%b1%86%e3%80%80%e9%bb%84%e8%ba%ab%e3%80%80%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%94

しかし納豆に卵を入れるときには、黄身だけにするのが良いのをご存知ですか?

もちろん黄身だけにすれば、味が濃厚になりご飯との相性も抜群です。

それだけでなく、栄養面でもとても優れているのです。

何故かというと、納豆には豊富なビタミンが含まれているのですが、卵の白身はビタミンを吸収させるのを邪魔してしまいます。

白身にはタンパク質が含まれています。

そのタンパク質が、納豆のビタミンと相性が悪いのです。

けれども黄身にはそれがありませんので、ビタミンの吸収を妨げることがないのです。

どうしても白身も入れたい場合は、加熱していれば大丈夫です。

しかし美味しさで言えば、加熱した白身を入れるぐらいなら入れないのをオススメします。

納豆ご飯のおいしいレシピ

私がよく食べるのは、納豆に黄身を入れて、歯ごたえの良いのを加えたものです。

加えるのにオススメなのが、野沢菜、べったら漬、田舎漬、すぐき、しば漬け、キムチなどの漬物です。

他には岩のりちりめんじゃこも美味しいです。

漬物がないときは、青ネギ大葉カイワレもとてもお美味しいです。

調味料では、ごま油を足したり、柚子こしょうブラックペッパーも意外と合います。

一品料理では、ひじきの煮物と混ぜるのも美味しいです。

あと、森三中の大島さんがテレビで紹介していたレシピで、納豆に岩のり、ごま油、キムチに醤油もかなり病みつきになります。

納豆のすごいところは、いろんなものを加えてもそれなりに美味しくなるところです。

スポンサーリンク

納豆はかき混ぜるほど美味しくなる?

納豆をせっかく食べるなら、できるだけおいしく食べたいものです。

納豆はかき混ぜるほど美味しくなると言われていますが、それは科学的にも事実のようです。

農林水産省食品総合研究所のデータですが、納豆を混ぜた時の結果があります。

【納豆の甘味】

100回→2.3倍

200回→3.3倍

400回→4.2倍

【旨味成分(アミノ酸)量】

100回→1.5倍

200回→2.5倍

300回→200回とほぼ変わらず

この結果、400回混ぜると最も美味しく食べれるというデータが出ています。

そんなに混ぜてられないよ~という人には、かき混ぜが楽な 納豆専用の鉢とかき混ぜ棒を使えば 楽しく混ぜれるかもしれません。

これから納豆を食べる時には、是非多めにかき混ぜてみてください。

かき混ぜずにすぐ食べたい方は、丹念納豆をお試し下さい。

スポンサーリンク

 - 食べ物・グルメ , ,