知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

鼻の中がカピカピで出血!すぐに乾燥する鼻の穴の対策が知りたい

   


いつも鼻の中が乾燥してカピカピ状態。

鼻をかんでもかめない。

そんな乾燥がひどい鼻の状態を乾燥型鼻炎(ドライノーズ)といいます。

鼻水の垂れない分が全て乾燥してしまい、カピカピのかさぶたになります。

スポンサーリンク

乾燥型鼻炎(ドライノーズ)は出血のもと

カピカピかさぶたは、鼻毛も巻き込みこびり付きます。

鼻毛が粘膜にこびりつくと、外気のゴミやウィルスをキャッチできませんので 鼻の中が汚れやすくなっていきます。

そして、こびりついたかさぶたが呼吸も邪魔をします。

乾燥が酷くなると頭痛までする人もいます。

出来てしまったかさぶたを無理に取ろうとすると、鼻の中の粘膜が傷つき出血してしまいます。

鼻の中の乾燥が続くと、何もかも悪循環になります。

それでは、カピカピ状態をできるだけ柔らかくするにはどうしたら良いのでしょうか?

熱いコーヒーの湯気をあてる

コーヒーやお茶を飲む時に、鼻の下までカップを持って行き鼻の中に湯気をあてます。

お味噌汁やラーメンのつゆでもかまいません。

カピカピの鼻の中を、こまめに潤して柔らかくしましょう。

スポンサーリンク

カピカピ鼻には鼻スプレーやジェルで対策

こちらのタイプは、シュッとスプレーするだけで鼻の中が潤います。

乾燥した場所で仕事をする場合に、必ず持参しましょう。

潤った状態であれば花粉やウィルスも付きにくくなりますので、風邪なども予防できます。

普段使用するマスクも濡れマスクにすると効果が上がります。

カピカピ鼻の女性は化粧にも注意

花粉やPM2.5などの空気で、現代の鼻はいつも酷使されています。

さらに女性は、化粧をすることでファンデーションやパウダーも鼻の中に入りやすくなります。

弱った鼻の粘膜は、少しの刺激でも過敏に反応します。

出来れば、化粧をするときには粉系は使わないようにして、クリームタイプだけでメイクするのをオススメします。

カピカピ鼻を即効に潤す方法

とにかく、すぐにカピカピ鼻を潤したい!

スプレーやジェルがないときに効果のある方法です。

鼻の先をつまみ、両方の鼻の穴を塞ぎます。

その状態で口で大きく息を吸い込み、鼻を掴んだまま首を上下左右に振りましょう。

30秒ほどしてから手を離せば、じんわりと潤ってきます。

とにかく今すぐ潤したい時には、これをしてみてください。

乾燥型鼻炎(ドライノーズ)の普段からの対策

ドライノーズの人は、乾燥した環境に長時間いることが多いはずです。

加湿器を使用することと、トイレに立った時には鼻うがいをしたりスプレーをしたりして、こまめに潤しましょう。

スポンサーリンク

 - 健康・医学 , , , , ,