知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

頬がピクピク!顔面痙攣の原因が知りたい

   


突然 ピクピクと顔の筋肉が痙攣することがあります。

最近では、現代病としてかなり多くの人が この症状に悩んでいたりもします。

痙攣は、少しであると放置してしまいがちですが 痙攣部分が広がってきたのならすぐに病院で診察を受けるべきです。

それでは、この痙攣は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

頬がピクピク!片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)

痙攣の中でも多いのが、片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)です。

自分の意志とは無関係に筋肉が動くので、かなり不快です。

それでも、痙攣が始まった頃は片側の目の周りがピクピクする程度ですが、進行が進むと頬や口、耳などと痙攣が広がります。

また寝ている時にも痙攣が起きるので、そのせいで寝れなかったりもします。

痙攣のせいで目が開けにくくなったりすると、日常生活に支障をきたします。

強く目をつぶって開いた時に、片側の顔面が痙攣するなら、片側顔面痙攣の可能性が高いでしょう。

目の周りだけがピクピクするだけなら、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)と診断されます。

どちらの痙攣であっても、まずは脳神経外科、または神経内科の受診が必要です。

ピクピクする原因は何故?

片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)になる主な原因は、脳の血管が顔面の神経を圧迫して起こります。

喫煙している、高血圧症、糖尿病、動脈硬化などの持病があると痙攣しやすくなります。

ストレスがきっかけで、痙攣するようになったりもします。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の場合は、はっきりといった原因が特定できないことが多いです。

薬の副作用で出ることもあります。

片側顔面痙攣と同様にストレスが原因の場合もあります。

スポンサーリンク

片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)の治療はどんなの?

もし、片側顔面痙攣と診断されたらどのような治療をするのでしょうか?

治療法には3種類あります。

① 内服薬での薬物療法

② 注射療法

③ 手術療法

そして、原因と考えられる身体の治療が加わります。

多くの人は、いきなり手術をするというよりは、内服薬で経過を見ることが多いです。

また、食生活の改善や睡眠不足や運動不足などの生活スタイルの見直しも必須です。

治療には、長期にわたる人も多いです。

痙攣が止まらないことで、ストレスが増加してしまうもの長引く原因だと言えます。

ストレスを軽減する生活を送る

顔の痙攣が出てしまったら、まずはどんなことがストレスに感じているか、自分の心の状態を見つめ直しましょう。

神経はデリケートです。

大げさなくらい、自分自身を労わるのがちょうど良いバランスです。

また、マッサージを受けても悪化することはありませんので、適度に顔の筋肉をほぐすと良いでしょう。

スポンサーリンク

 - 健康・医学 , , , , ,