知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

フルーツだけでも人は生きていける?実は甘くても太らない!朝食べる果実(くだもの)は驚きのバランスダイエット栄養食

      2017/04/16


ジューシーで美味しいフルーツ。風邪の時など食事を取れないときは「果物を食べなさい。」とよく勧められました。

実はフルーツだけでも 人は生きていけるほど栄養バランスに優れた食べ物なのです。

まずフルーツに対して、一般的によく誤解されている”フルーツは甘いので太りやすい”というのが誤解であることを説明します。

スポンサーリンク

フルーツは甘いのに太らない?

フルーツは甘いので、一般的に糖分が高く太りやすいと思われています。

しかし、甘く感じる理由は果物に含まれている「果糖」によるものなのです。

果糖は、実際の糖分の量よりも 甘く感じられるので誤解されやすいのです。

なので、みなさんが思っているほど糖分は含まれていないのです。

糖尿病の方も量さえ間違わなければ 食べても問題ないのです。

フルーツはダイエットに最適

朝フルーツダイエットりんごダイエットやバナナダイエットなど 1種類のフルーツのダイエットがブームになりましたが、効果がない方も出ました。

単品ダイエットというのは 単純にカロリーを抑えただけでは持続が難しく、ストレスが高いので、結局長続きしにくく終わってしまいます。

もちろん偏ったダイエットは身体によくないですが、そういうブームでフルーツの良さが伝わらないのは残念な気がします。

それでは、どのように食生活にフルーツを取り入れれば良いのかでしょうか?

フルーツは生で食べる

まず、缶詰の果物よりは生のフレッシュなフルーツを食べるようにしてください。

それは果物はビタミン・ミネラル・酵素などの体に良い成分が宝物のように濃縮されています。

加工されたり、熱を加えたりなどすると、大切な成分が破壊されて少なくなってしまいます。特に熱に弱いので、生のままが一番栄養が取れます。

食べる時間は、朝食が最適です。

フルーツは起き抜けの胃に 負担が少なく消化されますので、吸収が無駄なくされます。

しかも約30分の短時間で消化されるのです。

消化がうまくされない食べ物は 胃や腸に長時間停滞しますので、エネルギーにも変わらず吹き出物や肌あれの症状が出てきます。

ですのでフルーツが美肌に良いと言われるのです。

スポンサーリンク

 

フルーツダイエットのポイント

① いろんな種類のフルーツを食べる

② 出来るだけ生のまま食べる

③ 朝に食べる

この3点を気をつけるとよいでしょう。

始めた頃は特にフルーツだけだとお腹がすきますので、ヨーグルトやサラダなども一緒に食べても大丈夫です。

また、冬の時期は朝から果物だと冷たくて苦痛になりますので、スープなどで体を温めてから食べるのも良い方法です。

始めはご飯やパンも食べたい方は食べても大丈夫です。

ただ食事の量は増やさないようにして、朝食の果物の割合を増やしていくといいでしょう。

あとカットするのに手間がかかるりんごは、輪切りにすると手早く食べれますし、捨てるところが少なく済みます。

ダイエット効果の高いフルーツは?

水分が多く体の毒を排出してくれる果物が

なし・いちご・もも・スイカ・メロン・柑橘類

食物繊維の多いのは

パイナップル・いちじく・キウイ・ブルーベリーです。

続けると痩せやすくなる不思議

朝食フルーツダイエットは、毎日続けていくことにより、昼や夜に食べ過ぎても体重がドカッと増えなくなります。

たとえ太っても2、3日で体重がもどるようになります。体質が改善されていく驚くべき効果があるんですね。

さらに血液循環がよくなり、冷え症も改善されます。

無理のないペースで是非取り入れてみましょう。

果物だけで生きられる?

フルーツ王子

TVで果物だけで5年ほど生活している中野瑞樹(なかのみずき)さんという男性がいると放送されていました。

※【追記】現在も続けているそうで、6年間果物だけだそうです。

現在、果物以外全く食べないそうですが本当に驚きです。

フルーツの魅力に取り込まれ、果物だけで食事をするようになったそうです。

東京大学工学部で教員されてからは、独立してフルーツの良さを伝えるため 精力的に公演されています。

”フルーツの伝道師” ”フルーツ王子” ”スーパーフルーター”などと親しまれています。

しかも健康診断は異常なしとの事。

日々、果物の研究に費やしているそうで ダイエットや健康の可能性の視野が広がりますね。

 

さて 中野瑞樹さんのキッチンが放映されましたが、果物だけで料理をしないので とても綺麗だったのが印象的です。

しかし、周りの身内や親戚からは 変わり者扱いされているそうです。

確かに、フルーツだけでは生きていけないだろう という固定観念を持っている方も多いですものね。

 

私も、少しの間フルーツだけで生活したことがありますが、身体の調子はとても良かったです。

けれど、いろんなものが食べたくなって続かなかったですが・・・。

中野瑞樹さんのおすすめのフルーツの食べ方は、食後よりは食前に摂るのをすすめています。

特にバナナは夕食前で食べ過ぎ防止にもなり、バナナに含まれているカリウムの力でナトリウムの排出を促します。

また上記にも書きましたが、リンゴも輪切りにすれば、ロスが少なく食べれると なるほど!と思う話しをされていました。

フルーツは身体にとてもいい栄養がたくさんですので、積極的にとってみてはいかがでしょうか?

関連記事→フルーツだけの生活で毛が薄くなる?脱毛効果があるか知りたい

スポンサーリンク

 - 健康・医学, 美容, ダイエット , , , , , , , , , , , , , , ,