知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

賃貸の長押(なげし)、付長押(つけなげし)って何?使い方と購入時の注意点が知りたい

      2016/03/13


長押(なげし)って何?

長押

聞きなれない言葉ですが長押(なげし)って知っていますか?

私は賃貸で部屋を借りた時に初めて知りました。

壁にひらべったい横長の長方形の板みたいなのがついていて、これ何?ってところから始まりました。

長押は簡単に言うと、柱を固定するための構造材です。

和風建築の時に鴨居の上に取り付けられますので、基本的に洋室にはありませんが、最近では洋室でも装飾として用いられているようです。

スポンサーリンク

長押と付長押の違いは何?

断面が違います。

長押はの断面は台形で、付長押の断面は長方形になります。

近頃の装飾タイプは長方形が多いです。

長押の使い方 服とかかけていいの?

付長押

賃貸では収納がたくさんある方が暮らしやすいので、長押がついていれば活用したいものです。

長押を活用するために長押フックなどが販売されています。

しかし長押は基本的に物を吊るすために作られたものではありません。

ですのであまり重いものはかけない方が良いでしょう。

装飾でなく下地まで食い込んでしっかりしているのであれば、多少重い物でも大丈夫ですが、マンションタイプの長押は、入居時に賃貸のオーナーさん又は管理会社に確認しておくのが無難です。

長押の使い方いろいろ

服をかける

壁掛時計を付ける

カレンダーをかける

絵や写真をディスプレイする

籠を引っ掛けて観葉植物を飾る

突っ張り棒の片側を支える

S字フックをひっかけてカバンを吊るす

が多いのではないでしょうか?

最近の付長押には、真ん中に壁紙が貼られていたりしているのもあります。

その部分に 壁がけ時計を固定するのに穴を開けて良いかは管理会者に確認しましょう。

長押フック 購入時に注意すること

注意する点は、フックの購入時には長押の溝と、フックの引っ掛ける幅の確認も忘れないようにしましょう。

せっかくフックを購入したのに長押が大きすぎてフックがはまらないのもよくあります。

また長押か付長押かで断面が違うので、フックの形も見るようにしましょう。

それから、フックがプラスチック製だと強度が弱いため、割れやすくなります。

出来ればプラスチック製以外のフックを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

 - ライフスタイル, 住まい , , , , , , ,