健康・医学

足の痺れ(しびれ)が頻繁で取れない。正座ができない!原因は老化だった?

投稿日:2015-03-22 更新日:

最近、すぐに足が痺れるようになった。

以前は大丈夫だったのに何かの病気か不安。

こんなことはありませんか? 痺れるとすぐに動けませんし辛いです。

スポンサードサーチ

足の痺れ(しびれ)にはいろんな種類がある

足の動脈硬化からくるしびれ・ 糖尿病からくるしびれ・ 腰の疾患からくるしびれ・ 肥満、運動不足からくるしびれ ・ビタミン不足からくるしびれ・ 頚椎の老化からくるしびれ ・精神疾患からくるしびれ

すぐに病院へ行くべき?自分でわかるしびれの症状

正座や、ぴったりした服(ジーパン)などでの足を曲げると起こる血行不良からの痺れの場合は、誰でもなりますので大丈夫です。

しかし痺れがなかなかとれない、頻繁にしびれるなどは糖尿病などの病気が隠れている場合があります。

不快だなと気になる方は、内科へ行くことをおすすめします。

立っているだけなのに痺れる・・・こういう方は一刻も早く病院へ行かなければなりません。考えられる病気は動脈硬化などがあります。 まずは内科へ行きましょう。

身体を動かすと痺れが出てくる・・・この場合は骨がずれている場合が多いです。特に腰、骨盤などがずれ神経を圧迫している可能性があります。整形外科・整体・整骨院・カイロプラクティックへ行きましょう。

足だけでなく手や他も痺れる・・・こちらも一刻も早く病院へ行きましょう。軽い脳梗塞になっている場合があります。 脳神経外科・神経内科にかかりましょう。

スポンサードサーチ

痺れは薬で治る?

しびれの原因によっては薬で改善されるのもあります。

ビタミン不足などはそうです。

しかし、ほとんどの方はいくつかの原因が複合して しびれている場合が多いので、薬以外での治療も必要になります。

まずは根本的に食生活の見直しは必須となるでしょう。

病院へ行かず市販の薬で対応する場合は、安易に頼りきらないことです。

何故かというと ドラッグストアで手に入る薬は効き目が強いため、すぐに楽になり治ったと勘違いしてしまいます。

症状が抑えられただけで治ったわけではありません。

薬に依存しないためにも、市販薬は1次的な効果と認識し注意深く自分の体の症状を様子みましょう。

誰でもなる老化からくる痺れの対策・対処方法

痺れ老化現象で痺れがでてくると、こればっかりは治療できません。

40代以降、痺れが出てくるのが増加傾向にあります。

ただ、老化からくるしびれは末梢神経のしびれが殆どなので、手や足の先の痺れになります。

老化により末梢神経に傷がついてしまい、日常の家事などでも神経を圧迫ししびれやすくなります。

末梢神経が傷つくのは若い頃から起こりますが、回復力があり、痺れたりまではなりません。

しかし老化により、傷を修復する力が弱まりしびれを感じてしまうのです。

ここまで読むとがっかりしてしまいますが、末梢神経の傷を治すにはビタミンBが活躍します。

ビタミンBのサプリメントなどを積極的に取り入れながら、老化の痺れに上手に付き合っていきましょう。

また若い方も今のうちにビタミンBを取り入れていると老化のしびれを予防することが出来ます。

電動歯ブラシなども手先がしびれる方には便利ですね。

痺れに効果的なグッズもたくさん出ていますので快適に過ごせるように心がけましょう。

-健康・医学
-, , , , , , , , ,

          

関連記事

ものもらいになった幼児 目薬で治る?眼帯をすると視力が落ちるの本当?

ものもらい めばちこ めいぼ  めっぱち めばち めっぱ のんめ  と各地方によって呼び方は違いますが、比較的免疫力が落ちた時になりやすいです。 まぶたが腫れて、痛みや痒みがありゴロゴロした感じがあり …

内蔵が冷たく感じる 内蔵型冷え性に効果の高い食事が知りたい

なんだかお腹が中から冷えている感じがする。 このように内蔵が冷たく感じる方は、内蔵型冷え性になってしまっている可能性があります。 一時的でなく慢性的になってきている場合は、治療が必要かもしれません。 …

飛び散らない!足と手の簡単な爪の切り方が知りたい

爪を切ると飛び散りますよね。 爪切りにカバーがついているのに、カバーの中に入らず飛んでいきます。 飛んでいったらどこに飛んでいったかわからないですし、 新聞紙を敷いて切ってもあんまり意味がありません。 …

風邪はビタミンCで驚く程早く治せる?効果的な摂り方が知りたい

風邪は万病の元と言われるぐらいにいろんな要素があります。 ちょっと免疫力が落ちていると誰でもかかります。 更に、風邪は傍にいる人にうつってしまう為、できるだけ早く治したいものです。 今回は、少しでも早 …

幼児の虫歯予防にはとにかく噛む!唾液(だえき)の力の秘密が知りたい

人は何気なく食事の時に噛んでいますが、噛む時に出る唾液はたくさんの良い効果があるのをご存知ですか? 実は歯磨きがしっかりできていない為、虫歯になってしまった・・・。と思っている方が多いのですが、歯磨き …