知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

とにかく捨てまくる!片付けが苦手な主婦でも掃除しやすい方法が知りたい

      2016/01/10


休みや連休、また雨で外出できない時に掃除をしよう!って決意してみるもの

実は掃除が苦手、捨てられない人ってたくさんいます。

特に家庭を全般に守る主婦(主夫)の立場だと常にキレイにしたいものです。

有名なのは”断捨離”の澤口珠子さん、”こんまり”こと近藤麻理恵さんも 上手に捨てていく方法を教えてくれていますよね。

スポンサーリンク

たくさんありすぎるから、頭の中がこんがらがる

人は生きてきた時間だけ、たくさんの物に囲まれています。

けれど、本当に必要なものってわずかなんです。

家電製品も進化して、小さくコンパクトになってきています。

自分の周りも、コンパクトに出来るのです。

物がたくさんありすぎるために、考えてもどうしていいかわからず、片付けられないまま時間は過ぎていきます。

それでは”捨てれない” ”片付けが苦手な人”がやりやすい方法を書いていきましょう。

まずは用意する

片付けを決意したなら、必要なものを揃えます。

掃除の途中になくて、気持ちが途切れるとすすみません。

【あると便利なもの】

ゴミ袋(多め)・軍手・荷造り紐・ガムテープ・ハサミ・カッター・油性ペン・洗剤・ぼろタオル

これらはコンビニでも買えますのですぐに手に入ります。

ゴミを置くスペースを先につくる

どこでもいいです。とりあえずゴミ置き場を決めましょう。自分で想像しているよりゴミはどんどん増えていきます。

しばらくはゴミの山と暮らすのを覚悟しなければなりません。

一時保留の箱(スペース)を用意する

片付けをはじめると、どうしても迷います。

迷わない人はいません。

迷うものは保留にしてどんどん先に進むためにも、それらを置いておく箱を用意しましょう。

スポンサーリンク

どこからでもいい、目に付いたところから始める

休日 片付け

片付けが苦手な方は、掃除の途中であれこれ目がいきます。

本当は、これを片付けてから次、と進みたいところですが、やる気のある時は、いろいろ手をつけても構いません。

物が多いために自分の頭で整理する時間が必要なのです。

とにかく順番なんて気にせず、どんどんやりましょう。

迷うものは全て写メに撮る

片付けの途中で必ずぶち当たるのが思い出のものです。

小学校の文集や、表彰状など・・・。着れなくなったけど好きな服。

迷うものは とりあえず全て写メに撮りましょう。

撮り終わったら一時保留でよけておきます。

片付けていく途中に、置いておく、捨てるかが決断できるように変化します。

捨てるのはもったいない!けど使わない物ってどうするべきか?

まず思い浮かぶのは、”売る”ですね。

時間と手間を考えてみましょう。

【ネットオークション】

ネットで売るとすれば、出品準備、やりとりとかの時間、買い手がつくまで置いておくということ。

送料や梱包材料の負担、品物の運搬。

【リサイクルショップ】

リサイクルショップで売るなら、それを持っていく方法(車、自転車)時間

【実は売れない】

自分では売れると思っていても、ほとんど価値がない。こんな場合もあります。

以上を考えながら、売るか捨てるか決めましょう。

究極の選択?

それでもなかなか決断できないものってありますよね。

その時の考え方は

お金がありあまるほど持っていたら、これが本当に必要か?

もしも火事になってしまったとしたら必要か?

と自分自身に問いかけてみてください。

捨てれないと迷っているものは、実はお金があったら新しく良いものが買えると気づく場合があります。

奥底にしまいこんで、結局使わないものなら思い切って捨ててしまいましょう。

最後に

片付けや掃除は、実際に手を動かしているうちにやる気が出てくるものです。

ゆっくりであっても捨て続ければ物は減ります。

必ずキレイになりますので頑張りましょう。

スポンサーリンク

 - ライフスタイル, 住まい , , , , , ,