美容

冷房にも寒い季節にも負けないしわ対策!オロナインで首のシワ、ほうれい線が薄くなる?

投稿日:2015-05-11 更新日:

スポンサードサーチ

愛され続けるオロナイン

今から約60年ほど前にオロナイン軟膏は誕生しました。

今でも愛されているのは、やはり期待を裏切らない製品だからだと思います。

さて、顔のたるみ、ほうれい線、首のシワ・・・。年齢ととも切実な悩みであります。

実はオロナイン軟膏は、こういった悩みを解決する一つの製品でもあるのです。

シワに天敵なのは乾燥

西洋の方をみると、若くてもシワが多い人がいます。

それは、その国の環境にも問題があるのです。

また水の質も関係しています。

特に寒い国に住んでいる人たちは、暖房のせいで肌の水分や皮脂が奪われやすいです。

そして新陳代謝が落ちてしまいます。

これは寒さのために毛細血管が狭くなり、血の巡りが悪くなってしまうのです。

日本には四季がありますが、冬の時期と夏の冷房時期が乾燥がひどくなります。

その時に、同じように身体がダメージを受けてしまいます。

スポンサードサーチ

オロナインには修復作用がある

オロナイン軟膏は、しもやけやあかぎれ、ニキビに吹き出物、そして火傷や傷、乾燥水虫などいろんな症状に効果を発揮します。

なんたって軟膏ですからね。

成分の中にはオリーブ油やワセリンも入っていて、保湿効果が高いのです。

またステロイドが使われていないため、安心して使用できます。

ですので、ケガをしていなくても オロナインで美容効果が得られるのです。

オロナイン関連記事→いちご鼻をスッキリ!嫌になる黒ずみ毛穴をごっそり除去のオロナインパックが知りたい

ワセリン関連記事→鼻炎と花粉の止まらないくしゃみにワセリンが効果的!赤ちゃんでも使えるワセリンの使い方が知りたい

気になる使い方は?

オロナイン ほうれい線 首のシワ

【お顔の乳液がわりに使う】

肌を疲れさせないように、できれば化粧水や乳液、美容液などの工程を少し減らされるのをオススメします。

人それぞれお気に入りの化粧品があると思いますので、乳液やクリーム替わりに使うとよいでしょう。

伸びが悪い時になる方は、水でオロナインを伸ばすと肌につけやすくなります。

【かかとや肘、膝のガサガサに使う】

角質が厚くなり、ガサガサしているところに効果があります。

お休み前にたっぷり塗りましょう。

【首のシワ、眉間のシワ、妊娠線などの身体のシワに使う】

気になるシワに塗りこみましょう。

ポイントは縦のシワには横向きに、横のシワには縦向きに塗りこみます。

そして、指でシワの部分をマッサージします。

スポンサードサーチ

シワをなくすために心がけたいこと

鏡を見て、じっくり自分の姿を映してください。

綺麗になりたいならどこが変化すれば嬉しいのかを観察します。

そして、少しでも良いので、ケアを始めた時からの変化を見つけていくことです。

実は、年齢を重ねるほど 目が慣れてしまい変化に気づくのが鈍くなってしまうんです。

オロナイン軟膏はとても優れた製品だと思います。

持続すれば必ずシワは薄くなっていきますので 頑張ってください。

関連記事→気になるほうれい線、首のシワの原因は頭皮のたるみだった?

-美容
-, , , , , , ,

          

関連記事

膝がカサカサ!粉ふいた膝を早くツルツルにする方法が知りたい

冬になると気になるのが膝のカサカサ。 白く粉がふいていると見るだけでも落ち込んでしまいます。 そして、頑張ってお手入れしてもなかなか柔らかくならないのが カサカサ膝でもあります。 しかし、ちょっとした …

飲み会の時ブーツを脱いだら納豆のニオイ!ムアッとする臭いニオイの対策が知りたい

足の悩みでブーツを脱いだ時のニオイがあります。 お呼ばれやイベントなどの 飲み会が多い冬の季節は、ブーツを脱がざる状況にハラハラドキドキです。 今回は、ブーツを脱いだ時のくさいニオイのお話です。 &n …

おしりがザラザラ!つるつるシルクファンデーション!座り仕事で荒れるおしりの効果的ケアが知りたい

おしりがザラザラで、触るとなんだかガサガサした感じ。 つるつるのおしりになりたいものです。 スポンサードサーチ ザラザラおしりは、座り仕事が原因で荒れる? これは私の体験談なのですが、つるつるのおしり …

湯船の中であかすりタオルでマッサージ 乾燥と風邪に驚きの効果

スポンサードサーチ あかすりの経験はありますか? 実はあかすりタオルを湯船の中で使うと驚きの効果があるんです。 温泉やスパに行かなくとも、自宅で出来ますしマッサージの効果が有りますので 寒い季節には乾 …

手のひび割れが泣くほど痛い!少しでもはやく治る手荒れ対策の方法が知りたい

寒い季節になると手荒れで悩みます。 特に女性は、比較的 水仕事が多いのでなかなか治りません。 また悲しいことに一度、ひび割れてしまうと冬の間ずっと痛いまま耐えなければならないなんてことも。 スポンサー …