うつ病 人間関係

自分のために生きるべき マイナス思考や被害妄想が強い人ほど変わりやすい

投稿日:2015-06-10 更新日:

話をしていると、マイナス思考が強い人や被害妄想ですぐ落ち込んでしまう人がいます。

一緒にいるとゲンナリしてきて、あんまり長く相手したくありません。

しかし、そう言う人ほど変わると劇的に変わりやすいのです。

それはどういうことでしょうか?

スポンサードサーチ

妄想に強いパワーがある

マイナス思考ばかり、被害妄想が強い、そんな人は思いのエネルギーが大きく 周りの人にも影響を与えます。

こういう人は、悪い方ばかり考えているだけで 実は真逆のことを考えるきっかけが何かあると とても楽になります。

しかし、思い込みも大変強いので 自分が納得しない限りは考えを改めにくいです。

それでは、どんなきっかけで変われるのでしょうか?

自分の為に生きていない

誰かの為に一生懸命に尽くして、裏切られて悲しんで なんて繰り返すことが多い生き方なのですが、実は全て自分の為であるということです。

誰かの為というのは、その人の望んでいることをサポートすることです。

しかし、自分がやりたくないことや、気持ちが乗らないのに協力したりすると、相手は当たり前だと受け止め 結局自分だけ苦しい思いをします。

相手側は、特に深刻に考えていません。

そういうひとは、無理して相手に合わせたりがないので してもらうことを素直に受け止めれるのです。

無理をして相手のためにと思って頑張ると、必ず気持ちが壊れていきます。

そんな状態になってしまうと、疑心暗鬼になりちょっとしたことで傷ついてしまいます。

大切なのは、自分ができることをする事です。

決して無理をしてはいけません。

なんとなくでも、嫌だと感じるなら

相手のペースに合わせるのを少しずつ控えていきましょう。

1度でも自分の主張を通せれば、自信がついて変えていくことが出来ます。

そうやって自分自身できっかけを作っていくのです。

そして自分が本当にしたいのか見極めて行動するようにしましょう。

疲れきった心では、冷静な判断ができません。

スポンサードサーチ

苦しみは誰にもわからない

マイナス思考

いろんなことを考えても、誰もわかってくれるものではありません。

そんなことより、我慢するのをやめて背負い込まないようにしましょう。

また、率先して私がしなければ という考えもやめることです。

人は助け合って生きていますが、基本一人です。たとえ家族でも その人の人生に立ち入りしすぎてはいけません。

逆に家族だからこそ、尊重して適度な距離にいることが大切です。

自分を責めすぎないこと

あなたがしている行動は、好きでやっていると他人は思います。

だから、あなたの苦しみはわかってもらえません。

どうせなら、しんどい・嫌だ・自分でやってと離れて、あなたは好きなことをしましょう。

迷ってこのページにたどり着いたのなら、丁度 変わるべき時なのかもしれません。

-うつ病, 人間関係
-, , ,

          

関連記事

好きな人の顔をみるだけで幸せ多幸感!幸福ホルモンは自分でコントロールできるか知りたい

好きな人ができると、生活は一気に華やかになります。 どんな時でも、独りじゃないという安心感に包まれ 次に会う時間が待ち遠しくなります。 こんな幸せいっぱいの状態ですが、何故こんなに多幸感溢れるのでしょ …

無感情・無表情 自分が遠く感じるのは現実逃避する離人症(りじんしょう)かもしれない

離人症(りじんしょう)という病気があります。 また、現実感喪失(げんじつかんそうしつ)症ともいいます。 この病気は、本人は自覚がないことが多く、治療が必要だとわからないため たくさんの多くの人がかかっ …

苦しくなるまで食べるのを止められない過食症を自分で治せる意外な方法

過食症や拒食症が主に挙げられる摂食障害ですが、本人が気づかないうちに摂食障害の予備軍になっていることがあります。 しかしこの摂食障害は意外な方法で自分で治せます。 まずは摂食障害がどんな病気か簡単に説 …

コミュ障を治したい!コミュ障の人が楽になる会話のコツが知りたい

最近目立って増えているのが、コミュ障(コミュニケーション障害)です。 特に若年層でのLINE使用から、友達づきあいが上手にできずに悩み、そのままコミュニケーションを取るのが苦手になってしまうケースです …

休みが全て彼氏・彼女に独占される!束縛と上手に付き合うにはどうしたらいいか知りたい

付き合ってる彼氏・彼女に休みを独占されていませんか? 好きな人とは四六時中 一緒にいたいです。 離れ離れになる時間なんて考えられません。 そんな恋愛は情熱的で素敵に見えます。 しかし現実は、そうではな …