芸能

夜神月(窪田正孝)の字がキレイと感じたデスノートが白熱!おしゃれイズムの素顔が知りたい

投稿日:2015-07-12 更新日:

デスノート面白いですね。

漫画も含め、映画も全て見ていますが、今回のドラマバージョンも楽しめます。

スポンサードサーチ

キャラ設定変更について

夜神月(やがみらいと)も、普通の大学生の設定と聞いてたのでどうなるのかな?

と気になりましたが、これはこれで違和感ないですね。

映画からも随分期間が空いているからか、思ってたよりキャラ設定の変更は大丈夫でした。

私の中で、以前の映画で気になった点では、夜神月演じる藤原竜也(ふしわらたつや)さんのデスノートに記入する字が、

あまりキレイな感じでなかったのが衝撃でした。

頭脳明晰の夜神月は字も達筆だったらなあ・・・と感じたので。

その点、窪田正孝(くぼたまさたか)さん演じる夜神月の字は、夜神月らしい感じがします。

窪田正孝さんの祖父が書道の先生であることから、達筆なのかもしれないです。

窪田正孝 字

演技力も抜群で目が離せないです。

普通の大学生らしく、デスノートを使った後の葛藤と苦悩の表情には引き込まれました。

ミサミサは・・・私にとっては戸田恵梨香(とだえりか)さんがはまり役だったので

今回の佐野ひなこさんは すこし慣れませんね。

回を重ねるごとに、印象は変わるかもしれませんが・・・。

山崎賢人(やまざきけんと)さんのLは、かなり好きです。

特にLの動きが、マンガそっくりでおぉ!と感動しました。

ひょいっとした体重を感じないところの動きが Lそのものです。

L 動き

↑この動きです。

漫画そのものな気がします。

綺麗好きで潔癖症なLもいいですが、ジーパン姿のLが脳裏にちらつきます。

テンポもよく面白かったので、こういうキャラ設定でも面白いなあと思いました。

個人的には、Lの化粧した顔が松田翔太さんにも似ているような気がします。

おしゃれイズムで出演した窪田正孝さんの素顔

【兄弟ケンカが激しかった】

おしゃれイズムに窪田正孝さんは出演していましたが、兄弟けんかをよくしていたそうです。

お風呂のガラスが割れたり飛び蹴りがあったりと、かなりやんちゃな激しいケンカをしていたそうです。

【店員のマネ】

特技はガソリンスタンドの店員のマネだそうで、

スタジオでは出演者がびっくりするほどの声量で マネをしてくれました。

【洗濯は手洗い】

また驚きなのは、Tシャツやズボンなど、外に来ていく服を自分で手洗いしているそうです。

こんなマメな男性はなかなかいないですね。

【愛猫に癒される】

デコ・エル・アル・ココという名前の4匹の猫を買っていて、いつも肉球を触って癒されているそうです。

【会いたい人】

会いたい人はムーディ勝山さんでした。

「右から来たものを左へ受け流すの歌」を熱唱してもらいテンションが上がっていました。

夜神月とは全く違う窪田正孝さんの素顔も素敵ですね。

細身に見えて、結構筋肉質な窪田正孝さん、女性ファンがさらに増えるのではないでしょうか?

デスノートを見逃しても↓ここで見れます(スマホ対応)
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

-芸能
-, , , , , , , ,

          

関連記事

カジサックがおもしろい!!コラボした相手の良さを引き出すトーク力がすごい!

スポンサードサーチ カジサックがおもしろい!! カジサックがおもしろい! 今、勢いがあるユーチューバーといえば、カジサックです。 カジサックは、お笑い芸人『キングコング』の梶原雄太さんが、YouTub …

尾崎豊の長男の声が似過ぎて心配するファンも多数!尾崎裕哉のことが知りたい

尾崎豊(おざきゆたか)さんの長男、尾崎裕哉(おざきひろや)さんが注目されています。 初めて彼の声を聞いた時は、タイムスリップしたような不思議な感覚になりました。 本格的に音楽活動をはじめる尾崎裕哉さん …

宇都ノ宮晃(うつのみやあきら)イケメン演歌歌手はホテルニュー塩原の栃木のプリンス

イケメン演歌歌手のアキラ・栃木のプリンス宇都ノ宮晃さん 最近は 栃木のプリンスとメディアに出るのも増えたので あのイケメンは誰?みたいな感じで騒がれています。 この写真だけ見ると ホストクラブで働いて …

孤独のグルメseason(シーズン)5を待ちわびる、なりきりゴローの食べ過ぎ一人飯ごっこが続出

松重豊さん演じる井之頭五郎(いのがしらごろう)が、食べるのが好きな大人に深く浸透してしまっていますが、かくゆう私もその一人であります。 孤独のグルメを一度見てしまうと、そのゴローの独特の言い回しが頭か …

青梅市の国宝、泥絵映画看板師 久保板観(くぼばんかん)さんのことが知りたい

久保板観(くぼばんかん)さんは1942年の東京都青梅市生まれで 最後の映画看板氏で、中学校を出た時から映画看板を泥絵で描いてきました。 全部独学で誰にも習わず、書き始めて2年後には青梅市内の3館全てを …