知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

賃貸ロフト生活メリット・デメリットは梯子の昇り降りが大変?

      2017/03/14


ロフトある部屋ってわくわくしますよね。

しかし写真で見るのと、実際に暮らすのは違います。

ロフト付きの部屋に住もうと考えている場合に、ロフトのメリット、デメリットは、

必ず押さえておかなければなりません。

それではまずはロフトのメリット、デメリットについて書いていきましょう。

スポンサーリンク

ロフトのメリット

暖かいので洗濯物が乾きやすい

秘密基地みたいな感じで、もう一つ部屋が持てる

天井が高いため、開放感がある

家賃が安いところが多い

収納がたくさんできる

散らかしていても平気

スポンサーリンク

ロフトのデメリット

エアコンの効きがよくない

天井が高いので電球交換が大変

梯子の上り下りは、荷物を持っていると危険

寝室にした場合にトイレに行くのが大変

酔っぱらっていたり熱が出ているときには梯子がつらい

掃除が大変(掃除機を運ぶ)

とこのように、メリット・デメリットをあげてみました。ロフトの部屋がいいかはお好みなので何とも言えませんが、

梯子の上り下りが騒音につながり苦情になったこともあるそうです。

名古屋や福岡で賃貸を探しているなら、アンダーロフトという間取りの物件もあります。

おしゃれなので一度住んでみたいなあと思いました。

関連記事→アンダーロフトが広い!賃貸人気 福岡と名古屋だけ?東京・大阪は?

実際に梯子ってどうなの?

賃貸ロフト メリット デメリット

私は、以前引越しするときにロフト付の部屋にしようかと思っていました。

ものすごく広かったので。

間取りでなく生活環境が理由で、その物件に住むのはやめたのですが

不動産の人曰く、梯子は慣れるそうです。

なんでもロフト付の部屋で暮らしていたことがあるそうで、貴重な体験談を聞きました。

初めはロフトで寝ていたけど、疲れて帰ってくると数段上るのがめんどくさくなり結局下で寝るようになった。

収納としてはかなり、いろいろ置けたものの、置くときとおろすときは大変だった。

ロフトで寝ていると、上の階の人の足音が大きくて辛かった。

いろいろ聞いていると、そこまでロフトにこだわらなくても・・・という気がしますね。

しかし収納の広さは魅力的です。

今は段違い階段もありますし、梯子でなければロフトは結構使えるかもしれません。

スポンサーリンク

 - ライフスタイル, 引越し, 住まい , , , , , , , ,