知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

手の日焼けを早く白くしたい!日焼けした黒い手を白くする方法が知りたい

      2017/08/23


焼けていない肌は白いのに、長年の蓄積か手の甲だけが黒くなっている・・・。

少しでも早く白くしたいけれど、何かいい方法はないのでしょうか?

私の取り入れている方法を紹介いたします。

スポンサーリンク

手の日焼けにはこまめに保水する!手作り保水液

手のケアと考えて、ほとんどの人が思い浮かぶのは 冬の時期にハンドクリームを塗ることではないでしょうか?

手も顔と同じで 保水が大切です。

意外に乾燥してるんです。

それでは安くできる、自家製の化粧水のつくり方を書きます。

【用意するもの】

スプレーボトル

化粧水(普段使っているのでOK)

精製水

【作り方】

精製水と化粧水を同量、スプレーボトルに入れるだけ

【使い方】

お風呂上がりに手に付ける(顔や首にもOK)

トイレなどの手を洗った後にもこまめにスプレーする

【保水液パックのやり方】

ティッシュ1枚を手の甲にのせ、まんべんなく保水液をスプレーします。

指の間をハサミで切り、切れた部分のティッシュを指に巻き付けます。

ビニール袋か使い捨て手袋をかぶせて、手首をゴムで止めて3分パックします。

パックが終わったら保湿クリームを塗ります。

スポンサーリンク

ハンドクリームパックで乾燥を防ぐ

ハンドクリームでもパックができます。

手の日焼け 白く

【用意するもの】

ハンドクリーム

お湯(手が浸かる量)

ボウル

【作り方】

ボウルにハンドクリーム1に対してお湯を2いれます。

【パックのやり方】

手を入れて3分間待ちます。

時間になったらやさしく拭き取ります。

パックをするのが面倒な方は、化粧水のようなハンドクリームもあります。

早く白くする美白パックを使う

私が人生で初めて知った美白化粧品なのですが、

こちらのビーバンジョアのパックでした。

パックしたあとに「怖っ!!」となるほど白くなります。

ですが、時間が経つとだんだんと色が戻ってきます。

美白は一時的なのかも・・・と思っていても使い続けたところ、友達に白くなった?と聞かれたので 徐々に美白効果がでてくるようです。

肌のキメも細やかになるので、肌に合う人には手放せない一つになるかもしれません。

日焼け 美白Amazonの商品ページの画像です。

先日ネイルケアに行ってきた時に、ハンドマッサージ(パック付き)のコースにしたところ、

パックにこのビーバンジョアのオウゴンパックが使われました。

やっぱり、ネイリストさんも選ぶ商品なんだ~とテンションが上がりました。

もちろん顔にも使用できます。(というか顔用です。)

使用するときにスパチュラがなければ、コンビニでもらえる アイスクリーム用のプラスチックスプーンを使うと便利ですよ。

ビーバンジョアのオウゴンパック楽天市場はこちら
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

手袋をはめて洗い物

日焼けしていたり、荒れている手は、水の塩素と洗剤でどんどん荒れてしまいます。

食器を洗う時は、必ず手袋をして洗い物をするようにしましょう。

その時に、皮脂と成分が近いオリーブオイルを手につけてから手袋をすれば、食器洗いの時間も しっとりパックの時間に変わります。

使い捨て手袋とゴム手袋を2重にすれば、更にスチーム効果が上がりしっとり感が増します。

手にも日焼け止めとUVカット手袋を

顔だけでなく手の甲にも日焼け止めを忘れないようにしましょう。

紫外線は年中降り注いでいます。

車や運転時にも日焼け止め手袋は必須です。

ビタミンEとビタミンCの力で手を白くする

外側のケアだけでなく、体の内側からも白さを取り戻しましょう。

ビタミンEは新陳代謝を活発に、ビタミンCはメラニンを抑制します。

また、トマトに含まれているリコピンという成分が、紫外線のダメージを受けた肌を保護する効果があります。

関連記事→風邪はビタミンCで驚く程早く治せる?効果的な摂り方が知りたい

ビタミンCでおすすめといえば、1度塗るだけで12時間連続お肌に働きかける”ビタブリッドC”がおすすめです。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

最後に

日焼けにはとにかく保水して常に肌を潤しましょう。

こまめなケアが白くなる近道です。

一番酷使している手をいたわってあげましょう。

スポンサーリンク

 - 美容 , , , , , , , , ,