人間関係

空気を読みすぎる、話すのが辛くて疲れる 失敗しない自然に会話に入るタイミングが知りたい

投稿日:2015-07-29 更新日:

気遣いが上手すぎて空気を必要以上に読んでしまい、うまく会話ができなかったりしませんか?

こう言う人は、勘がよくいろんな気持ちの引き出しが多いために考え過ぎてしまいます。

今回は空気を読みすぎて辛い人への記事になります。

スポンサードサーチ

空気を読みすぎる過剰同調性

空気を読みすぎてしまい疲れてしまうことを、過剰同調性といいます。

この傾向にある人のほとんどは、幼少の頃の環境が影響していることが多いのです。

ストレスの多い幼少時代

幼少時代に、甘えたりわがままを言ったりと、感情を押さえつけられる環境で育った場合にストレスがたまります。

小さな子が上手に生きていく場合は、周りの顔色を伺ったりして相手の機嫌を損ねないような術を自然に身につけていきます。

小さすぎて、自分で食べていくことが出来ないゆえに誰からも嫌われないようにと必死で生きてきました。

しかし、自分の気持ちを素直に伝えることが少なかったため、大人になってからもコミュニケーションがとるのが苦手になる場合が多いのです。

心を許せる友人や、気の合う人には素直に出せますが、根底には”嫌われてはいけない、嫌われたくない”という思いが自分を出すのを止めてしまうのです。

それでは、どうすれば自然に会話に入っていくことは出来るのでしょうか?

スポンサードサーチ

世の中には自分と合わない人も多いと気づく

子供の頃から気遣いが出来ていると、優しくしてくれた人も多かったと思います。

ですが、世の中は人それぞれ性格も違いますし、考え方も違う人は大勢います。

誰とでも仲良くしようと思わなくてもいいのではないかと思います。

話すのが疲れるなら無理に会話に参加しなくてもいい

仲良くするために、嫌われないようになどと 誰かと話すときに前置きがある場合は自分が無理をしている状態です。

無理をすると、続きません。

「私は聞き役である。」と宣言してしまってもいいかもしれません。

スポンサードサーチ

自然に会話に入るタイミングとは?

空気を読みすぎる 会話 コミュニケーション

・お得意の空気を読む力で相槌を打つ

・相手が聞いて欲しい要点は何なのか?を考えてサポートにまわる

・よくわからないのに質問したりしない

・聞かれたら答える

・オウム返しで返す

・会話の途中で質問があった場合には語尾を弱める
「~ってこと?」「~って?」という感じで質問するのではなく「~ってことかなあ?」と?の部分を弱めるような言葉遣いをすると、会話が途切れません。

・沈黙は必ずあるので怖がらない

・自分が答えなければと身構えない
会話のテンポが早いと答えようとしても誰かが答えてしまうことがあります。
そんな時も、同調するだけでもかまいません。

大切なのは、言葉を発しないからといってあなた自身がなくなるわけではありません。

上手に話そうとせず、聞き役をメインにしながら答えていけばいいと思います。

-人間関係
-, , , , , , , , , ,

          

関連記事

いつも怒っている威圧感のある人 すぐ怒る短気な人との上手な付き合い方が知りたい

人間関係で必ずいる人の中で、威圧感のある人がいます。 話しも続かず、すぐに攻撃口調で相手の意見を言えない雰囲気にしてしまいます。 プライベートなら距離を保てばいいかもしれませんが、職場で一緒に働くとな …

子供の初恋どこまで応援する?心理テストで見る親子関係が知りたい

自分の我が子にとうとう好きな人が出来てしまった時、あなたはどうするでしょうか? 実は、この時のあなたの反応により 隠された対人関係の心理がわかるのです。 今回は、子供の初恋に対しての親心の話を書いてい …

休みが全て彼氏・彼女に独占される!束縛と上手に付き合うにはどうしたらいいか知りたい

付き合ってる彼氏・彼女に休みを独占されていませんか? 好きな人とは四六時中 一緒にいたいです。 離れ離れになる時間なんて考えられません。 そんな恋愛は情熱的で素敵に見えます。 しかし現実は、そうではな …

初デートで失敗する!男性がやってはいけない幻滅ポイント3つ知りたい

初めてのデートは、緊張します。 なんか気になる・・・じゃなくものすごく好きな場合には、緊張でいつもの自分らしさが出ません。 そんなドキドキする初デートで やってはいけないポイントを紹介します。 スポン …

好きな人の顔をみるだけで幸せ多幸感!幸福ホルモンは自分でコントロールできるか知りたい

好きな人ができると、生活は一気に華やかになります。 どんな時でも、独りじゃないという安心感に包まれ 次に会う時間が待ち遠しくなります。 こんな幸せいっぱいの状態ですが、何故こんなに多幸感溢れるのでしょ …