知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

膝を立てて寝るのは腰が原因だった?早く楽になる方法が知りたい

   


最近、布団に横になっていると無意識に膝を立てるようになった。

足を伸ばして寝転がるよりも楽だ。

このように膝を立てるのが楽な方、実は身体の調子が良くないってご存知ですか?

それではどこが良くないのか書いていきます。

スポンサーリンク

腰に疲労がたまっている

まず、膝を立てて寝る方は腰が悪くなっていることが多いです。

背骨は真っ直ぐではなくカーブを描いていますので、仰向けに寝た時に腰が浮いています。

膝を立てると、腰の隙間が埋まり楽になります。

それが腰の負担を和らげるので、楽に感じるのです。

無意識に腰周りと足の緊張を解いているこの姿勢は、固まった筋肉に酸素と血液を送ります。

膝を立ててしまう方は、腰に疲労がたまっているのです。

しかし長時間するとその姿勢も痛くなってきます。

また、タオルやクッションを腰に敷いても時間が経つにつれ、体制が辛くなってきます。

ふくらはぎが痛い 張っている

腰以外では、ふくらはぎが張っている場合に膝を立てると楽になります。

立ち仕事や動き回ることが多い人などもこれにあたります。

いずれにせよ、足と腰はつながっていますのでどちらにも痛みが出ることが多いです。

スポンサーリンク

骨盤が歪んでいる

骨盤が歪んでいると膝を立てて寝るのが楽になります。

また膝を立てたまま、横向きになると更に楽になります。

しかし楽になったとしても、歪みが治るわけではありませんので正しい位置に戻す必要があります。

それではどのようにしたら良いのでしょうか?

筋肉をほぐす

膝を立てて寝る 腰

足と腰周りの筋肉をほぐすようにしましょう。

横になったら意識して膝を立てます。

手は横に広げ両ヒザをつけたまま、左右に膝を倒します。

ゆっくりと痛くない程度まで、何度か繰り返しましょう。

そして腰ではなく膝に枕を敷きます。

自力で膝を立てるより格段に姿勢が楽になります。

そのまま眠れそうでしたら眠りましょう。

姿勢に気をつける

腰に疲労が溜まっている方は、姿勢に意識します。

立っているとき、座っているとき、どこに力が入っているかを意識します。

自分の癖を自覚します。

整体や整骨院で歪みを治してもらっても、姿勢が悪ければまたすぐに歪んでしまいます。

普段から姿勢を意識しない限りは治らないのです。

痛いところをほぐしても、歪んでいればすぐに痛くなります。

姿勢を意識しながら、歪みを治していくのが一番効果があるのです。

体を冷やさない

筋肉が固まっている状態で、体を冷やすと更にガチガチになってしまいます。

できるだけ体を冷やさないようにしましょう。

最後に

自分で思っているよりも、筋肉は相当疲れています。

本来、人間は体をバランスよく保とうとする力があります。

意識をして気をつけるだけで、楽になるのが早くなります。

自分の身体は自分が大切にしましょう。

スポンサーリンク

 - 健康・医学 , , , , , , ,