イベント ライフスタイル

花火が終わると寂しい みんなが花火を好きな理由は何故か知りたい

投稿日:2015-08-16 更新日:

花火を見るのもするのも楽しいですよね。

ワクワクしてテンションが上がります。

それなら、もう少し花火に詳しくなって見ると面白いと思います。

今回は、花火についていろいろ書いていきます。

スポンサードサーチ

花火はいつから始まった?

花火の始まりは,中国で発明された黒色の火薬だと言われています。

そして14世紀の後半に、イタリアで観賞用の花火が作られ世界中に広まりました。

日本の花火で記録に残っているのは、1589年が一番古いとされています。

実際はそれより前の1543年に、種子島に伝わっていたそうですがあまり確かではありません。

そして19世紀に入り、今の私たちが楽しむ形の花火が作られるようになってきたと言われています。

日本人はどうして花火が好きな理由は何故?

花火を好きな理由 寂しい

まず、世界中で花火がありますが、日本の花火技術はとても素晴らしいと海外での評価も高いです。

そして、日本の人たちは基本的に中和を求めます。

争ったりすることを好みません。

しかし、花火の時には自分のいろんな秘めている感情を、一緒に爆発させるように楽しめます。

暗闇の中での大きな花火の音と、美しい花が夜空に咲くのはとても、日本の和の心に通じるものがあるのと言われているのです。

一期一会という言葉があるように、一瞬 一瞬を大切にして 同じ花火とは二度と出会えない、儚げな美しいものに喜びを感じる心があるのです。

花火は楽しいけど、同時に寂しく感じるのはそのためです。

それから、花火はお祝いごとやお祭りの時によく使われます。

花火=楽しい気持ちになるのは子供の頃からの経験なんだと思います。

スポンサードサーチ

常に新作が生まれる情熱

毎年9月に諏訪湖で新作花火の発表があります。

こちらはものすごい人出で大人気です。

毎年新作が出てくるなんて、考えたらすごい情熱ですよね。

花火が好きな人が多いからこそ続いてるのだと思います。

諏訪湖の新作花火は、私もまだ見に行ったことはないですが、機会を作って是非行こうと考えています。

また打ち上げ花火にもたくさんの種類があります。

花火の種類を知っていると、とても楽しめます。

変わり花火の種類

それでは、たくさんある少し変わった花火を紹介します。

【水の上で遊べる花火】

【ロケット花火】

【男の子が喜ぶ車の花火】

【女の子が喜ぶぬいぐるみ花火】

【昼間も楽しめる花火】

【パラシュート花火】

【迫力満点の綺麗な花火】

【ピロピロ花火】

【肝試し花火】

【ケーキにさせるお祝い花火】

スポンサードサーチ

最後に

花火は人を幸せにするものだと思います。

そして素敵な思い出を作る道具だとも思います。

夏に限らず、いつでも花火で楽しむのも素敵だと思います。

関連記事→秋空を見上げると寂しくなる!寒くなって体が冷えるとウツになるのは何故か知りたい

-イベント, ライフスタイル
-, , , , , , , , , ,

          

関連記事

独身に戻りたい、独り身が羨ましい!人生をやり直すにはどうすればいいか知りたい

結婚をして、家族が増えて日々暮らして年々歳をとっていく。 そんな最中に ふっと焦燥感に駆られることがあります。 誰でも一度は感じたことがあると思います。 俺(私)の人生、これで良かったのだろうか? こ …

スマホの通話料が払えない!やむをえずの滞納は分割できるか知りたい

今や一人に1台から2台持ちは当たり前になっている携帯。 しかしガラケーと違って、スマホやiPhoneだと結局 毎月の料金が高くついてしまいます。 そして、時には通話料が高い月もあったりして、料金の支払 …

夜型はリセット出来る?時差ぼけや体内時計の戻し方、朝型に変える方法が知りたい

お休みが続いたりすると、普段は朝に起きていたのにいきなり夜型になってしまいます。 飛行機の時差も含め、時間の乱れは身体に負担が大きくなります。 夜型になってしまった身体のリズムを戻したい。 朝に気持ち …

コーヒーを飲んでも眠いのは何故?効果的な飲み方が知りたい

眠気覚ましにコーヒーを飲む人は多いですね。 でもコーヒーを飲んでも、なんだか眠いことはありませんか? また、寝る前に飲んだけどいつも寝れるから大丈夫!そんな人もいると思います。 私は、コーヒーを飲んで …

ケルベロスが使われた?ベッキー不倫発覚の恐ろしい監視アプリ!ケルベロスのことが知りたい

ベッキーとゲスの極み乙女。の川谷絵音さんの不倫報道は、本当に衝撃でした。 そして、LINE画像の入手は誰から?どこから?と話題になりました。 私はその時に、思い浮かんだのが監視アプリの存在です。 もち …