知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

マイナンバーで何がわかる?別居中や老人ホームの人はマイナンバーがどう影響するか知りたい

      2016/01/12


マイナンバー制度のことで、いろいろ手続き上の事とかが変わりますが、その中でもマイナンバーが届かない可能性がある人がいます。

マイナンバーは住民票に記載されている住所に簡易書留で郵送されますが、そこに住んでいない人はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

別居中の人はどう影響するの?

夫婦関係にあるけれど、まだ離婚をしていなく住民票を移していない場合は、住民票の住所に届けられます。

この場合には、現在 住んでいるところの役所に住民票の異動するか、登録すると問題ありません。

しかし、2015年9月25日までと期限が差し迫っていますので、早めに対応しなければなりません。

また転居先を、知られたくない場合は自分から役所に行って手続きをします。

別居には様々な理由があると思いますが、全てに連携が取れているわけではありません。

京都府木津川市が確定申告の際に、別居中の夫に妻の住所を漏らしてしまった話があります。

これは、女性は住所を閲覧できないように申請していたのですが、住民基本台帳と確定申告のシステムが繋がっていなかったために起こっています。

老人ホームに入居している場合はどうなるの?

マイナンバー 別居 老人ホーム

こちらは、ご家族が対応するか、身寄りがなければ介護スタッフの方が手続きをサポートするしかありません。

介護保険にも関わるので、マイナンバーの取得は遅れないようにしたいものです。

通知カードの送付先に係る居所登録申請書に記入して、以下の書類と共に役所まで提出します。

・顔写真付きの身分証明書

・移住しているところの公共料金の領収書

・代理人の場合は委任状

・代理人の顔写真付きの身分証明書

代理する場合、当人が顔写真付きの身分証明書を持っていない場合は面倒ですね。

スポンサーリンク

マイナンバーは変更できる

マイナンバーは生涯、変更ないとされていますが実は変えることができるのです。

それは、漏えいしてしまった場合に変更できます。

もちろん自分自身でも他人に知られないようにするべきですが、こんなにインターネットが発達した現在では頻繁に必要になりそうです。

必ず、マイナンバーを狙った詐欺がでてくるのは目に見えてます。

マイナンバーでは何がわかる?

マイナンバーではどこまで分かるのでしょうか?

2015年9月の現在の情報です。

【戸籍・住所・氏名・顔写真・電話番号】

【クレジット履歴・売買履歴】

給与・預金・不動産評価額・証券口座

【光熱費】

電気・ガス・水道

【税金・納税】

【年金・保険関係】

【医療・福祉関係】

医療履歴・持病・産休・育休・生活保護・ワクチン接種・介護保険料・公営住宅情報

【雇用関係】

失業保険料・労災保険給付・訓練給付金・未払賃金

【子育て関係】

母子健康手帳の交付・労災保険の給付・児童手当の給付・奨学支援金・行学金・スポーツ給付金・里親の認定

【資格】

【図書館履歴】

【旅券履歴】

今現在で私がわかる範囲ですが、こんなにあります。

最後に

マイナンバー制度が導入され始めると、いろいろな所で確実に情報が漏れる気がします。

個人で気をつけていても、何かのミスで情報が漏れるとどうしようもないですね。

とりあえず、出来るだけ自分で管理するしかなさそうです。

財布に入れていて、落としたりしてしまったらと考えるとゾッとします。

スポンサーリンク

 - ライフスタイル, 情報 , , , , , ,