健康・医学

汗や口臭が便の臭い!便秘をほっておいたらどこまで怖いか知りたい

投稿日:2015-09-05 更新日:

腸活(ちょうかつ)という言葉がありますが、腸の状態=体の健康といっても過言ではありません。

便秘に悩む人はとても多いです。

実は、便秘をそのままにしていると、どんどん身体に悪影響が出てきます。

それでは、今回は便秘だとどんな状態になるのか書いていきます。

スポンサードサーチ

排便とはどんな流れなの?

まず、排便する流れを書きます。

① 直腸に便がたまります

② 便意が脳に伝わります

③ 脳が直腸・お尻の筋肉に指示をを出します

④ お通じが来ます

この流れで、排便がなりたっています。

しかし、便秘の人はこの流れに問題があるのです。

便秘とは2種類のタイプがある

便秘 臭い 汗 口臭

便秘には2種類のタイプがあります。

【直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)】

便意を我慢するのを繰り返すことにより、直腸が太くなっていきます。

その結果、我慢したところの太さになるまで、便意を催すセンサーが動きません。

腸の中では便が大渋滞状態に陥ります。

ひどい人は、カチカチになってしまい 腸を切り取らなければならなくなったり、腸に穴がが開いてしまった人もいるそうです。

仕事や子育て中心で、便意があってもすぐにトイレにいけない人がなりやすいです。

特に女性に多くなります。

【弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)】

大腸自体の動きが悪いために起こる便秘です。

年齢とともに、内蔵の動きが衰え腸が緩んで引き起こります。

常日頃から、下剤を手放せない人もなりやすいです。

40代以上の女性に多いタイプです。

スポンサードサーチ

便秘をほっておいたらどこまで怖いか?

まず腸の役割は、胃で消化された食べ物が小腸で栄養を吸収し、全身に送ります。

そして大腸で栄養がなくなった食物を便として出します。

しかし便秘になると、大腸に便が詰まって腸内環境がどんどん悪くなり、うまく栄養を全身に送れなくなります。

その結果、身体に様々な不調が出始めます。

それでは、便秘が引き起こす体の不調を書いていきます。

汗や口臭が便の臭いになってくる!

お腹が張り痛みが出たり、常に満腹状態で食欲不振になり、栄養が回らず吹き出物がたくさん出ます。

顔色が悪く目の下にはクマができ、冬にはあかぎれ、春には花粉症で苦しみます。

常に肩こり冷えに悩まされ、睡眠障害まで引き起こします。

大げさなようですが、便秘でここまでの不調になってしまうのです。

また、汗や口臭が便のニオイになる場合もあります。

こんな状態の人は、一刻も早く便秘を改善するべきです。

そして女性のガンのトップは、大腸ガンなのです。

アメリカの研究では、便秘の人は乳がんになる確率が、なんと5倍だそうです。

便秘だと自覚ある人は、解消するように心がけましょう。

関連記事→オリーブオイルでスルスル便が出る!便秘を自力で解消する金スマの方法が知りたい

関連記事→大根おろしの酵素で便秘が治る?ダイエット効果の高い大根おろしのレパートリーが知りたい

-健康・医学
-, , , , , , ,

          

関連記事

オリーブオイルで頭皮の毛穴クレンジングとツボ刺激 抜け毛防止に効果

スポンサードサーチ 抜け毛にはオリーブオイルがいい? 抜け毛に悩む方にとっておきのマッサージとツボ押しがあります。 それはオリーブオイルで、頭皮の毛穴をクレンジングします。 また一緒に抜け毛防止の頭の …

生理中のかぶれ、匂いがなくなる!布ナプキンのことが知りたい

女性には生理がありますが、匂いに悩んだりしてませんか? 生理の匂いは独特です。 この匂いは、血の匂いだけではなく ナプキンが化学反応を起こしているからなんです。 特に汗ばむ夏の季節など、一層悩みの種と …

膝が痛い半月板損傷!手術は必要?MPS筋膜性疼痛症候群(きんまくせいとうつうしょうこうぐん)の事が知りたい

私は、骨盤がずれやすく右足の足首、膝、腰と痛むことが多いです。 運動しようとジョキングしたり、スクワットをしたりしているうちに 落ち着いていた膝の痛みがぶり返しました。 そして寝返りをうっても膝が痛み …

飛び散らない!足と手の簡単な爪の切り方が知りたい

爪を切ると飛び散りますよね。 爪切りにカバーがついているのに、カバーの中に入らず飛んでいきます。 飛んでいったらどこに飛んでいったかわからないですし、 新聞紙を敷いて切ってもあんまり意味がありません。 …

犬とのキスは危険?キスから伝染る寄生虫のことが知りたい

先日、友人から衝撃的な話を聞きました。 体に寄生虫がいた!というものです。 その話を聞いた時に、何か魚やお肉を食べたからなのかな?と思ったのですが、違いました。 スポンサードサーチ 粉瘤(アテローム) …