うつ病 健康・医学

秋空を見上げると寂しくなる!寒くなって体が冷えるとウツになるのは何故か知りたい

投稿日:

暑い夏が終わると一気に秋がやってきます。

気温がグッと冷え込むと、季節の変わり目を肌に感じます。

秋空はとても綺麗で、いつまでも眺めていたくなるものです。

それと同時に、なんだか物哀しい気分になりやすくなります。

一体それは何故なのでしょうか?

スポンサードサーチ

体が冷えると うつになる

気温が下がって寒くなってくると、寂しい気持ちになりやすくなります。

そして太陽が出ている時間が減ります。

秋空 寂しい うつ

実はこれは、気温が下がることによって体温も下がり、その結果うつ状態になっているのです。

体温が下がると血液の循環がうまく出来ず、必要な酸素や栄養素を体のすみずみまで届けれなくなります。

その結果、内蔵の働きは低下していきます。

そうなると次は、セロトニンという物質が生産されにくくなります。

セロトニンは、リラックスして心を安定させる作用がある とても大切な物質です。

手先が冷えたり、血行が悪くなると気分が落ち込みやすくなるのはその為なのです。

そして冷え込みやすい午前にもっとも症状がよく出ます。

セロトニンは睡眠時には作られません。

朝おきて、太陽の光を浴びると生成されるのです。

秋になると寂しい・・・そんなあなたは うつ状態に入っているのです。

寂しさを解消するには体を温める

低体温からうつになるのはわかりました。

それでは心が寂しく感じるには、どのように対処したらいいでしょうか?

寂しいなと感じている時には、体温を測ってみましょう。

また体を触ってみて冷えていないか確かめます。

何回か続けていると、心が落ち込んでいる時には冷えているのを実感できます。

そんな時は、お風呂に入ってゆっくり温めてあげましょう。

また体の芯から温めるにはココアが最適です。

関連記事→便秘や安眠に効く身体にも良いゴディバのココア!美味しい作り方が知りたい

ココアにミルクを入れると、セロトニンの影響で心が落ち着きます。

関連記事→ダイエットにはよく眠る・ミルクが効くって本当?睡眠の秘訣が知りたい

お風呂に入るよりもすぐに温めたい時には、あずきの力を使うとほっこりします。

スポンサードサーチ

秋空を見上げると寂しくなる時は

秋になると、独り身の人は恋人が欲しくなります。

これは、低体温のために心が寂しくなっているからです。

思い切って、いろんな人と遊んでみましょう。

異性に限らず、誰かと行動することによって気持ちがまぎれ、いつのまにか寂しさは消えていきます。

そして、寒い季節こそ自分に合っている人も見つけやすくなります。

心が弱っているこの季節は、自分にとって楽しく一緒にいれる相手を見つけるチャンスだと思いましょう。

また、趣味を探求するにも丁度良い季節です。

最後に

秋になると誰もがセンチメンタルになり寂しくなるものです。

しかし、何故なるのかを理解していれば、そんなに落ち込まずに過ごせます。

暖かい環境でリラックスできるように、自分を大切にしましょう。

-うつ病, 健康・医学
-, , , , , , , ,

          

関連記事

鎖骨をほぐすと肩こりが楽になる!意外と知らない逆転の発想が知りたい

あまりにも肩がガチガチなので、整骨院へ行った時に教えてもらったことがあります。 よく肩こりがひどい時に、肩をもみますが 満足いくまでほぐれるのは少なくありませんか? 実は肩ではなく鎖骨をほぐすといいの …

花粉症といびきは密接に関係がある?対策が知りたい

快適な睡眠を邪魔するいびき。 いびきを出している本人は ぐっすり寝ているにも関わらず、傍で寝ている人はうるさくて寝れないです。 スポンサードサーチ そもそも いびきとは何か? いびきは、息が喉を通る音 …

無性にカレーが食べたい!って危険な状態?カレー中毒の身体の状態が知りたい

なんだか無性にカレーが食べたい時ってありませんか? 誰もが経験したことがあると思います。 実は身体がカレーが食べたい状態というのは、一種の飢餓状態になっている可能性があります。 一体どういうこと?と疑 …

ものもらいになった幼児 目薬で治る?眼帯をすると視力が落ちるの本当?

ものもらい めばちこ めいぼ  めっぱち めばち めっぱ のんめ  と各地方によって呼び方は違いますが、比較的免疫力が落ちた時になりやすいです。 まぶたが腫れて、痛みや痒みがありゴロゴロした感じがあり …

気分にムラがある人は病気?お天気やさんの原因が知りたい

気分にムラがある人って結構いますよね。 自覚症状がある方もいると思います。 少しの時間でコロコロ変わり、周りもどうしていいかわからない方も多いのではないでしょうか? きっと病気だろう と言われることも …