人間関係

人間関係を突然切りたくなるリセットスパイラル!距離感をつかめないのは何故か知りたい

投稿日:

今まで仲良くしていたのに、急に話さなくなる 連絡がつかなくなるなど 突然関係が疎遠になってしまう人がいます。

何か理由があるのか こちらに原因があるのか悩みます。

人間関係を突然切ってしまう人の心理は、一体どうなっているのでしょうか?

スポンサードサーチ

本当の自分がわからない

人間関係を突然切りたくなってしまう人は、空気が読めて気遣いができる人が多いです。

しかし、他人の気持ちを優先しやすく自分を後回しにしている時も多々あります。

本当の自分を出せていないことが多く、また出して嫌われるのが怖いと感じているところもあったりします。

器用に誰とでも仲良く合わせることができる反面、どの自分を出していても疲れてきて人間関係をリセットしたくなります。

疲れた時に全て一緒くたにしてリセットしてしまう 実は完璧主義

人間関係 突然 切る

生きていると、人生いろいろあります。

疲れてしまったら、自暴自棄になって何もかもどうでもよくなったりします。

それはそれ、これはこれと区別すると楽なのですが一緒くたに考えてしまい 全てリセットしたくなります。

自覚がなくても完璧主義であるので、上手くいかないことがあると何もかもやり直したくなるのです。

スポンサードサーチ

突然 人間関係を切られたら?

もしあなたが、突然関係を切られてしまったなら気にせずにいましょう。

あなたのせいではありません。

そして、もし連絡が復活したなら、ある程度の距離で関係を保てば良いだけです。

ただ、どうしても深いところまで気になるのなら、お互いじっくり話す時間を持つと すごく仲良くなる関係の可能性があります。

突然 人間関係を切りたくなったら?

ほんの少し踏みとどまって、「落ち着いたら連絡するね。」といって離れましょう。

関係をやり直せるかどうかではなく、自分自身も相手も嫌な気持ちにならないまま距離を置けます。

スポンサードサーチ

一生 縁がある人は数人しかいない 距離感を掴む

大人になればなるほど 本音と建前が見えてしまい、真面目な人ほど人間関係に苦しみます。

当たり障りのない関係や気を使う関係は、メンタルを消耗します。

そんなものなのだ、と割り切れる人は楽ですが、割り切れない人は仕方ありません。

人間関係に正解があるわけではありません。

本当に縁があり、関係がずっと続くのは 人生の中でそんなに多くありません。

人間関係をバッサリと突然切りたくなる人は、冷めているわけではなく情が深い分 期待しすぎてしまうからです。

一つ一つの出会いに期待しすぎず、マイペースで生きるのをおすすめします。

距離感とは自分がつくるもの、くよくよ悩まない方が生きていると楽になります。

そして、相手の距離感と自分の距離感は必ずしも一致するわけではないのです。

究極の考え方ですが、余命が後1年間になったと思って それでも関係を続けたい人が誰かを思い浮かべてみるといいです。

-人間関係
-, , , ,

          

関連記事

寝顔や食べている姿をみると幸せな気持ちになるのは何故?

人が食べている姿って、つい見てしまいませんか? その人が、あなたにとって大切な人なら尚更です。 恋人や我が子、愛犬、愛猫の ただ食べているだけで それだけでも見てしまいます。   スポンサー …

さすると痛みがマシになるのは何故?手当ての不思議,愛情たっぷり気のパワーが知りたい

手当てという言葉があるように、痛いところをさすったり撫でたりすると 不思議に楽に感じることがあります。 レイキ療法や気功という気のパワーを使って 身体を癒すのも存在します。 しかし、薬も飲まないのにな …

好きな人の顔をみるだけで幸せ多幸感!幸福ホルモンは自分でコントロールできるか知りたい

好きな人ができると、生活は一気に華やかになります。 どんな時でも、独りじゃないという安心感に包まれ 次に会う時間が待ち遠しくなります。 こんな幸せいっぱいの状態ですが、何故こんなに多幸感溢れるのでしょ …

いつも怒っている威圧感のある人 すぐ怒る短気な人との上手な付き合い方が知りたい

人間関係で必ずいる人の中で、威圧感のある人がいます。 話しも続かず、すぐに攻撃口調で相手の意見を言えない雰囲気にしてしまいます。 プライベートなら距離を保てばいいかもしれませんが、職場で一緒に働くとな …

遠距離恋愛は続かない?距離を感じさせない遠距離恋愛の続け方が知りたい

学校の卒業とともに遠距離になったり、仕事の関係で遠距離になってしまったり、そしてインターネット上で知り合ったために 最初から遠距離のスタートの恋愛があります。 よく遠距離は続かないと言われていますが, …