美容

おしりがザラザラ!つるつるシルクファンデーション!座り仕事で荒れるおしりの効果的ケアが知りたい

投稿日:2015-12-03 更新日:

おしりがザラザラで、触るとなんだかガサガサした感じ。

つるつるのおしりになりたいものです。

スポンサードサーチ

ザラザラおしりは、座り仕事が原因で荒れる?

これは私の体験談なのですが、つるつるのおしりだったのが急にザラザラになりました。

お風呂を出てから、タオルで拭いている時に気づいてびっくりしました。

なぜ急にザラザラになったのか思い返してみると、どうやら座り仕事に変わったからのようです。

普段は立ち仕事が多く、座ることがあまりなかったのですが 仕事内容が変わって1日中座っていることが多くなりました。

その時に、椅子に密着している部分が荒れたのです。

しかも驚いたことに、座り仕事に変わって2日目のことでした。

おしりは、常に下着と衣服に守られているため 肌がデリケートなのです。

体調の変化で お尻にニキビが出やすいのもその為なのです。

このように 肌は柔らかくデリケートな部分が荒れやすくなります。

続く座り仕事 ザラザラおしりの効果的なケアは?

ザラザラになってから、どうやったらつるつるに戻るのかいろいろ試してみました。

クッションを敷いたり、座る角度を変えたりもしてみました。

しかし、ザラザラは治らないばかりか だんだんひどくなっていきました。

スポンサードサーチ

思い切って下着をシルクに変えてみた

おしり ザラザラ つるつる シルク

そんな時にたまたま、シルクでつるつるになる と教えてもらい、下着を変えてみました。

そうしたら、次の日にはザラザラがマシになっていました。

ただ、その時は1着しかシルクの下着を持っていなかったので 次の日は今まで使用していた下着を着用しました。

そうすると またおしりがザラザラになってしまいました。

このことから、長時間密着している下着を変えることにより ザラザラは治せる!と気づきました。

それからはシルクの下着を追加注文して、できるだけ毎日履くようにしました。

その結果、もとのつるつるのおしりに戻れたのです。

振り返ってみると 10代や20代の頃は、どんな下着でもそんなに荒れなかった記憶があります。

しかし年齢を重ねると肌が荒れやすくなるようです。

肌の水分やハリも少なくなってくるからでしょうね。

今回は、デザインもさることながら 天然の素材の威力を思い知らされました。

シルクがこんなに肌に良いなんて、使用した人しかわからないのだと思います。

シルクは、少し値が張りますが 体のファンデーションになるものだと思います。

とっておきの時は、お気に入りのデザインの下着を着けていいと思います。

しかし、普段使いの下着はシルクを使って 肌を甘やかすと良いのではないでしょうか?

シルクの良さは、使えば使うほど手放せなくなります。

また、ザラザラでない方も一度試してみると、つけ心地の良さにとりこになるのではないでしょうか?

是非、つるつるになって女子力を上げましょう。

-美容
-, , , , , , , ,

          

関連記事

冷房にも寒い季節にも負けないしわ対策!オロナインで首のシワ、ほうれい線が薄くなる?

スポンサードサーチ 愛され続けるオロナイン 今から約60年ほど前にオロナイン軟膏は誕生しました。 今でも愛されているのは、やはり期待を裏切らない製品だからだと思います。 さて、顔のたるみ、ほうれい線、 …

シャンプーしすぎ?洗っているのに頭皮が臭い!頭皮が臭う原因が知りたい

毎日しっかりシャンプーしているのに、ふっと頭皮のニオイが気になることはありませんか? またこのニオイが何とも言えない不快なニオイなのです。 一体何故、頭皮が臭うのでしょうか? スポンサードサーチ 頭皮 …

立ち仕事は痩せる?むくみがちな足を細くするツボが知りたい

たくさんある仕事の中でも、立ち仕事はかなりハードです。 しかし、立っているならカロリーを消費して痩せていくような気がしますよね? でも思ったより痩せない・・・のが現実です。 今回は、立ち仕事で頑張る人 …

フライパンで簡単ポップコーン!金欠が生んだダイエット食!痩せる作り方が知りたい

ポップコーンは美味しいですね。 私の大好きな食べ物の一つです。 今回は、ポップコーンで痩せた私の体験談を書いていきます。 スポンサードサーチ 金欠が生んだ最高のダイエット食 一人暮らしを始めた金欠の時 …

気になるほうれい線、首のシワの原因は頭皮のたるみだった?

鏡を見ると憂鬱になるシワ問題。近頃は女性だけでなく男性も気にする方が増えました。 そんな中で知り合いのある女性は、40代後半にも関わらず、たるみもなくかなり若く見えます。何故かというと”ほうれい線”と …