知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

フライパンで簡単ポップコーン!金欠が生んだダイエット食!痩せる作り方が知りたい

      2016/09/11


ポップコーンは美味しいですね。

私の大好きな食べ物の一つです。

今回は、ポップコーンで痩せた私の体験談を書いていきます。

スポンサーリンク

金欠が生んだ最高のダイエット食

一人暮らしを始めた金欠の時に スーパーで目にとまったのが ポップコーンでした。

豆の状態で150gが100円で売られていて 久しぶりに食べてみよう!と購入しました。

その時は、どうやって作るかよくわからなかったので とりあえずフライパンに豆を入れてバターを適当に入れ フタをしました。

はじめ強火で 豆が弾ける音がしたら弱火にし フタをしたままフライパンを揺すります。

音がしなくなるまで揺すりながら火にかけました。

出来上がったらすごい量でびっくり!

味は ほんのりバター味で熱々でフワサクッとした感触で 美味しすぎて夢中で食べました!

そして ものすごくお腹いっぱいになったのです。

お腹が膨れるので、これはいい!とポップコーンを作るようになりました。

時にはバターに塩を少し加えたりもしました。

一日のうち1食は ポップコーンを食べている状態が続きました。

そして2週間で2.5キロ痩せたのです!

もちろん ダイエットのつもりはありませんでした。

ただ 金欠だったからです。

しかし 少量で満腹になり しかも安いのでポップコーンを食べていただけなのです。

ポップコーンには便秘に効く?

また驚いたことに 便秘がちだったのにお通じが良くなりました。

ポップコーンには食物繊維がたくさん入っているからです。

更に、体を錆びさせない抗酸化物質が 野菜や果物よりも多く含まれているのです。

抗酸化物質は ほとんど体内で作られないため ポップコーンから摂取すると簡単にとれます。

少しだけ体内で作られる抗酸化物質には メラトニンがあります。

しかし微量なのと、メラトニンは朝日を浴びてから 約14時間後に作られるという条件付きなのです。

スポンサーリンク

フライパンでも出来る!痩せるポップコーンの作り方

美味しいから痩せるまで続けやすいポップコーンの作り方を紹介します。

フライパン ポップコーン 簡単 作り方

ポップコーンは すごく量が膨らむので はじめは少量で様子を見たほうがよいでしょう。

【材料】

・ポップコーンの豆:20g

・バター:4g(お好みで増減してください)

【作り方】

① フライパンに豆とバターを入れます(豆が浸るようにフライパンの端っこに入れます)

② フタをして中火でしばらく放置します。

③ 音が出てきたらフライパンを揺すります(温度を下げないようにする為、火からフライパンをあまり離さないようにします)

④ ポップコーンの弾ける音が大きくなってきたら火を止め、フタをしたまま余熱でそのまま置いておきます。

⑤ 完全に音が止まったらフタを開けてお皿に移して出来上がりです。

※音が鳴っているあいだは、火傷をしないためにも開けない方が良いです。

弾けきっていない豆が多い場合は、もう少し火にかけます。

あまり長く火にかけると ポップコーンが焦げて黒くなります。

フライパンで油(バター)を使わない場合には、ステンレスのざるをひっくり返してかぶせる方法もあります。

しかし もしこの方法で油を使う場合は、コーンが弾けるときに油が飛び散るので 火傷しやすく危険です。

用途の広い、フタ付のレミパンでポップコーンを作るのも作りやすいですよ。

簡単!ダイエットポップコーンのアレンジレシピ

ダイエットでポップコーンを食べる時には、出来るだけ油や甘い味付け(糖分)を控えた方が無難です。

油を全く使わないのが希望なら ポップコーンメーカーでエアーポップコーンを作りましょう。

電子レンジで油なしで簡単に作りたい方にはこちらがあります。

下のポップコーンメーカーは私も持っています。

可愛くて買っちゃいました。

お菓子を入れたりして使っています。

あと、友達が持っているのがこちら

バター味に飽きたら、出来上がったポップコーンに振りかけて混ぜるだけの簡単レシピがあります。

・パルメザンチーズと塩コショウ

・カレー粉とオリーブオイル

・ガーリックパウダーと塩コショウ

・紫蘇ふりかけ(お好みでバターをプラス)

この組み合わせで適当にパラパラ振りかけてみましょう。

私はバターで炒めてから 紫蘇ふりかけを振りかけるのが個人的に好きです。

混ぜるときは マクドナルドでもらえるような紙袋があると便利です。

マクドのシャカシャカチキンのパウダーも ポップコーンに合うと思います。

最後に

ポップコーンは、コーンを皮ごと食べるので栄養価も高いです。

ダイエットでなくても、節約・金欠にも本当に力になってくれます。

満腹感が半端ないのでおすすめです。

スポンサーリンク

 - 食べ物・グルメ, 美容, ダイエット , , , , , , , , ,