知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

腕の付け根が痛くて重い!肩こり?腕こり?楽になるマッサージが知りたい

      2016/03/12


肩こりなのか腕こりなのか?腕の付け根が痛く、辛い症状に悩まされている人はたくさんいます。

常に力が入っている感じで腕が重く、肩も首も痛くなります。

腕を後ろに伸ばせないなら相当疲れているでしょう。

そんな腕の付け根の痛みについて今回は書いていきます。

スポンサーリンク

寝る前のスマホが腕の付け根の痛みを悪化させる?

実はこの症状は、スマホをよく触る人に増えています。

特に、腕の付け根がこりやすい人は、寝る前の布団の中でスマホを触っている場合が多いです。

何故かというと、寝ながらスマホを触るには、重力に逆らって腕を持ち上げているからです。

思い当たる方も多いのではないでしょうか?

机の位置が高い

寝る前 スマホ 腕の付け根 痛い

これは、机に限らずですが仕事柄、作業をする位置が腕に負担がかかっている高さではないでしょうか?

自分の座高にあった机と椅子で、腕を動かしていれば疲れは半減します。

例えば、パソコンを扱っているとして机の高さが胸の位置なんて場合もあります。

このように、普段何気なく使っている物が腕の付け根の痛みを増やしてしまいます。

肩こり?腕こり?どちらが凝っている?

これに対しての答えは両方です。

肩も腕の付け根も非常に、近い部分でつながっています。

腕の付け根が痛い場合は、必ず両方をほぐすと良いでしょう。

スポンサーリンク

すぐに楽になる腕の付け根のマッサージは?

腕の付け根が痛いのは、筋肉が常に力が入った状態です。

誰かにマッサージしてもらえるなら嬉しいものですが、自分でしか出来ない状況ならガチガチの状態でしなければなりません。

そのガチガチ状態で、片方の手で逆側を揉んだりすると、揉んでいる手が疲れてしまいます。

ですので、無理に揉んだりせすに さすってあげましょう。

まずは左側の手で、右鎖骨から右腕を通って手首までを優しくさすります。

10回ほど繰り返したら、逆側もさすります。

さする前に出来るなら、あずきの力などで温めてあげるとよいでしょう。

温める場所は、寝っ転がって鎖骨と脇と腕の上側(上腕部分)を温めるようにします。

さすった後には、起き上がって腕を回します。

前回しと後ろ回しを両方しますが、後ろ回しを多めにします。

これは、腕の後ろ側より前側が凝っているためです。

次に両腕をだらんとしたまま肩を上下します。

力んでいる筋肉がリセットされやすくなります。

この動きを、一度に多くするよりも1日に何回もする方が効果的です。

最後に

腕のこりは自覚がない方も含め、ほとんどの方が凝っています。

腕をよく使う仕事の方は、休みの時にはゆっくり休ませてあげるとよいでしょう。

グイグイ揉むよりはアロマオイルでマッサージなど、優しく圧を加えると早く楽になります。

腕の付け根おぐるり360度全部が、ガチガチになっていますので重い荷物を持ったりするのは控えると良いです。

またシーツや枕が合っていないために、腕の痛みを増長させている場合もあります。

休んでマッサージしても 朝起きると元通りになっている場合は、寝具を変えてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

 - 健康・医学 , , , ,