知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

ひな人形は誰が買う?おばあちゃんが用意する?ひな祭りのことが知りたい

   


初めてのひな祭り

可愛い娘さんとひな祭りのお祝いをする時に、誰が買ってもいいのでしょうか?

説明する前に、ひな祭りについて簡単に書いていきます。

スポンサーリンク

ひな祭りとはそもそも何?

ひな祭りは昔、人の形をした紙をお祓いしてから川に流し 邪気を払っていました。

小さな厄除けといった感じです。

そうやって、女の子が健康に成長するのを願っていました。

現代では、無事に大きくなっていくのを お寿司ひなあられを食べ ひな人形を飾って、みんなでお祝いします。

ひな人形は誰が買うの?

ひな人形 誰が買う?

ひな人形は基本的には、同居していない おじいちゃん・おばあちゃんに買ってもらいます。

何故かというと、一緒に住んでいない おじいちゃん おばあちゃんは、孫になかなか会えないために 節句のお祝いやお正月などのめでたい時期に、会いに行きやすいからです。

その際にプレゼントとしてひな人形を贈っていました。

昔は、お嫁入りやお婿入りして どちらかのおじいちゃん・おばあちゃんと同居するのが一般的でした。

しかし一緒に住めないおじいちゃん・おばあちゃんは とても寂しい思いをしたものです。

お嫁に行った娘(お婿に行った息子)の様子も見るためであったとも言われています。

また、ひな人形は花嫁道具の一つとも言われています。

立派なひな人形をお持ちの方は、大切に受け継いでいくものです。

しかし現代では、ひな人形が誰が買うか?というのはあまり気にされなくなってきています。

娘の成長を祝う気持ちは皆、同じなので誰が買うかはそこまで問題ではないようです。

ですので、おじいちゃん・おばあちゃんが他界されている場合は、ご両親がひな人形を用意しても構いませんし、可愛がってくれる身近な方が買ってもかまいません。

スポンサーリンク

ひな祭りは地方によって様々

ひな人形を誰が買うか?と同じなのですが、地方によっては様々なしきたりがあります。

せっかくですので、その土地の風習に沿ってお祝いしましょう。

大切なのは、お祝いのやり方ではありません。

お孫さんにとって喜ばしいことは、家族みんなが仲良く健康に暮らしていける事だと思います。

家でみんなでひな祭りするのも良し。

おじいちゃん・おばあちゃん揃ってなにか食べに行くのも良し。

ひな人形でなくても、欲しいおもちゃを買ってあげるのも良いでしょう。

最後に

日本では、風習や歴史を大切にします。

季節の行事が多いのもその為です。

少子化が進んでしまっている今、ひな祭りをする家庭も減ってきています。

そして冷夏や暖冬になったりと季節感は損なわれてきていますが、昔からある心は損なわれないようにしたいものです。

スポンサーリンク

 - シーズン , , , ,