知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

不明熱は腫瘍熱?微熱が続くのは何故か知りたい

      2017/04/01


仕事(学校)を休むのを迷うぐらいの微妙な熱。

無理をすれば動けますが、本当はゆっくり休みたいところです。

しかし、長い間 微熱が下がらなければどうでしょう?

熱があっても、休んでいるわけにはいかないと頑張ってしまいませんか?

今回は、微熱が続く辛い状態についての話です。

スポンサーリンク

不明な微熱が続くのは何故?

まず、熱が出るというのは基本的に 体のどこかが炎症している可能性があります。

私は、子供の頃に腎臓結石を患ったことがありますが、夜になると微熱が出るのが当たり前でした。

しかも石のせいだとは知らず、誰でも夜には熱が出るんだと勝手に思っていたくらいです。

おかげで、微熱ぐらいだと どんなにしんどくても、ついつい休まず動き回ってしまいます。

現在では、石も落ち着いた状態ですので 熱が出ることはなくなりました。

さて、気になる微熱が続く状態ですが、まず考えられるのはなんでしょうか?

不明熱ほど、不安は増します。

【ガンによる腫瘍熱】

いきなりで驚いたかもしれませんが、実はガン(腫瘍)があると熱が出ます。

大げさのようですが、少しでも不安に感じるならまずは病院へ行ってください。

少しでも多くの人に早期発見してもらいたく書きました。

実際、私の叔母が微熱が続くので診察してもらったところ、胃がんという結果が出たのです。

下がらない微熱は、腫瘍ができているかもしれないと疑ってみてもいいかと思います。

何事もないのが一番いいのですから。

微熱 腫瘍熱

【自律神経失調症】

ストレスが溜まり、気づかないうちに自律神経が乱れてしまうと微熱が出ます。

この場合、仕事(学校)の休みの時だけ微熱が出る なんてパターンもあります。

疲れているのを自覚がない人に起こりやすいです。

この場合は、とにかくゆっくり休み、自分の心と向き合うことで熱は出なくなっていきます。

【更年期障害】

女性特有でありますが、ある程度の年齢になるとホルモンバランスが崩れ、体温の調節が効かなくなります。

微熱だけでなくのぼせたり、逆に寒気がしたりします。

何科にかかるかといえば、婦人科になります。

症状がきつい方はホルモン補助療法などをします。

【風邪やインフルエンザ】

風邪をひいていたり、インフルエンザにかかっている場合もあります。

風邪やインフルエンザは、いつでも高熱が出るとは限らないため 風邪以外の病気かもと勘ぐってしまうことが多いようです。

葛根湯などの漢方なら副作用も少ないので、微熱に効くか服用してみるのもいいかもしれません。

それでも微熱が下がらないなら、内科へ行きましょう。

スポンサーリンク

【花粉アレルギー・鼻炎】

花粉アレルギー鼻炎からも熱は出ます。

こちらは鼻が炎症していることにより、発熱しています。

花粉の時期だけ微熱が続き、体調的にかなり辛い人も大勢います。

この場合は、花粉症に効く薬や対策で熱を下げます。

以上、代表的な微熱の原因をあげました。

もちろん、様々な可能性があるためにあえて5つにまとめましたが、他にも考えられる可能性はものすごくたくさんあります。

最後に

人は不安な時は答えを求めて、いろいろ原因を探します。

その中でも最もはやいのが、病院へ行って調べることです。

すぐに下がる微熱なら問題ありませんが、長期にわたり微熱が続く場合は、必ず病院で調べてもらいましょう。

人間は、健康な時は熱は出ないからです。

また、万一に備えても保険は早めに入っておきましょう。

スポンサーリンク

 - 健康・医学 , , , , , ,