知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

花粉症で微熱や吐き気?鼻水だけでない花粉症!胃酸過多の食事が知りたい

      2016/04/03


花粉症に苦しむ人は多いですよね。

一般的な症状で知られているのは、目のかゆみくしゃみ鼻水などです。

しかし、この症状以外にもあるのです。

スポンサーリンク

花粉症で微熱

多すぎる花粉PM2.5などの影響で 鼻が炎症し副鼻腔炎(ふくびくうえん)になってしまった(なりかけの)場合に、発熱することがあります。

朝に会社に着いた途端、微熱が出たりするのは 通勤途中に大量に花粉にやられてしまったのではないでしょうか?

風邪でない筈なのに、もしこのような状態ならば 鼻が炎症していると思われます。

そして鼻が炎症していると、呼吸もしっかり出来なくなり 酸素が体に行き渡りません。

花粉 微熱 吐き気

微熱の他に頭痛も出ているなら、屋内で深呼吸を繰り返して まずは酸素をいっぱい取り入れましょう。

また、ひどくならないうちに耳鼻咽喉科に治療に行くのをおすすめします。

花粉症で吐き気

微熱の他に 意外にしられていないのが花粉からくる胃の痛み吐き気です。

マスクをしていても全ての花粉を防ぐことは出来ません。

鼻ではなく、口からも花粉を吸い込んでしまった時には ダイレクトに胃腸に刺激がいきます。

外出すると、胃が痛くなったり重くなったりして吐き気がある場合は 花粉が原因の可能性があります。

胃に入った花粉は、体にとって有害なものとみなされ 早く消化して排出しようとします。

この時に胃酸が多く分泌されるので、胃潰瘍のような痛みや症状が出やすくなります。

胃酸が多く出ると 気持ち悪くなり吐き気もあります。

また、そのまま腸に花粉が移動すると下痢を引き起こしてしまう場合もあります。

吐き気があった場合は、食べ物が原因と思いがちですが 実は花粉なのかもしれないのです。

このような症状が辛い時は、胃腸内科を受診しましょう。

スポンサーリンク

胃酸過多の時の食べ物はビタミンU

花粉症により胃痛や吐き気が引き起こされた時には、これ以上ひどくならないように食べ物にも気を配らなければなりません。

おすすめする食べ物を紹介します。

【キャベツ】

胃薬で有名なキャべジンがありますが、キャベツの汁から取れるビタミンUのことです。

ビタミンUの別名をキャべジンというのですが、胃腸の新陳代謝を活発にして胃壁を修復する作用があるのです。

ですので、胃痛がある場合にはキャベツを食べる良いでしょう。

また消化で負担をかけないように、茹でたりして熱を通すと食べやすくなります。

また茹でるとビタミンUが流れ出てしまうため、茹でたスープも一緒に飲めるとよいでしょう。

キャベツの他にビタミンUが多い食品は、ブロッコリーやセロリ、アスパラガスがあります。

少し話がずれますが、キャベツのようにアブラナ科の野菜は おならが臭くなります。

関連記事→熱い、臭いおならが止まらない!オナラの匂いを消す簡単な対策が知りたい

【大根】

大根は、消化酵素が多い野菜です。

胃腸の負担を助けるためにも、キャベツと合わせて食べると良いでしょう。

【鶏のささみ】

鶏のササミはカロリーが低く消化が良いです。

また油っこくありませんので、胃酸が多い時にはもってこいです。

【豆腐・豆乳】

豆腐・豆乳は栄養価も高く柔らかいため胃への負担が少ない食べ物です。

胃腸が痛い時のおすすめのレシピ

この上記であげた食材を、豆乳鍋にして食べるのが一番簡単です。

【材料】2人前

・鶏のささみ:200g

・豆腐:1丁

・キャベツ:1/4

・大根:1/4

・豆乳:500ml

・だし汁:500ml

・白味噌:大さじ1

・ポン酢や塩

【作り方】

① 大根は切って米のとぎ汁で下茹でします。

② だし汁を沸かして具材を全部いれて炊きます。

③ グツグツと湧いたら、白味噌をとき豆乳を加えます。

④ ひと煮立ちしたら完成

⑤ お好みでポン酢や塩を追加して食べます。

最後に

花粉やPM2.5は、春だけではないです。

少ししんどいかな?と感じたら、早めに病院へ行くか 豆乳鍋を食べたりしてしっかり身体を守りましょう。

スポンサーリンク

 - 健康・医学, 花粉症 , , , , , , , ,