美容

白い手になりたい!手の甲をすぐに白くする方法が知りたい

投稿日:2016-04-16 更新日:

美白の悩みの一つで、手の甲を白くしたいというのがあります。

日差しの強い夏には、ジリジリと手の甲が焼けてしまい その分シミが増えてしまいます。

顔はファンデーションで白く出来ても、手のケアはついつい忘れがちです。

また、手を洗うたびに日焼けどめを塗りなおすのも大変です。

そうはいっても、本当に手の甲を白く出来ないものでしょうか?

スポンサードサーチ

とにかく今日だけでもすぐに白く見せたい!

結婚式や何かにおよばれしている時に、

1日だけでも白く見せたい!

そんな時は、手のお化粧クリームがあります。

こちらは SPF16・PA+なので日焼けどめとしても使えます。

ほのかにバラの香りがします。

シミやシワを一時的に隠すには、この白い手クリームがおすすめです。

塗るビタミンCで手の甲を白くする

ビタミンCは、メラニン色素を無色にさせる力があるので シミの治療でもよく注目されています。

食べ物やサプリメントで体内のビタミンCを増やすことも効果がありますが、もっとも早いのがピンポイントにビタミンCを直接塗って 白くすることです。

こちらのビタブリッドは、塗るビタミンCと言われています。

一度塗ると12時間もビタミンCが浸透し続けるので、一日2回ケアすれば、24時間ずっと美白効果があるのです。

これだけ美白に力を入れておけば、今年の夏も乗り越えれる気がします。

スポンサードサーチ

紫外線防止手袋で日焼けから守る

まずはこれ以上焼かない・シミを作らない 紫外線防止手袋で手の甲を守ります。

私のおすすめは、蚊よけにもなり指まで隠れるこちらのタイプです。

スーッと冷感の上腕まで隠れるタイプなら、こちらもあります。

綺麗になるための効果的にビタミンCを摂る方法は?

美白や健康目的で、ビタミンCに注目した場合 効果的に摂る方法も知っておいたら役に立ちます。

【小分けして摂る】

まず、ビタミンCは水溶性で たくさん摂っても汗や尿ですぐに排出されてしまいますので 意識して小分けに摂取するようにします。

【冷たいままかスープで摂る】

また、ビタミンCは熱を加えると溶け出してしまいます。

果物から摂取するか、スープや鍋物にして摂るのがおすすめです。

【食後に摂取する】

ビタミンCは他のビタミンとも相性がよく、相乗効果があります。

また吸収率があがるのが食後ですので、食後にデザートとして果物を食べるのも良いです。

特に喫煙者の方は、タバコでビタミンCが欠乏しているので意識して摂るようにしたいものです。

スポンサードサーチ

色を白くするには乾燥を防ぐ

手は一日に何度も水を使うため、乾燥しやすくなります。

乾燥すると角質層が厚くなってしまいますので、新陳代謝がうまくいかずメラニン色素が手に残り シミが増えていってしまいます。

白い手 手の甲

ですので、ハンドクリームやオイルで手を潤し、乾燥をふせぐようにしましょう。

手も顔と同じケアが必要です。

手の甲は ケアをすれば見違えるようにキレイになりますので頑張ってくださいね。

関連記事→手の日焼けを早く白くしたい!日焼けした黒い手を白くする方法が知りたい

-美容
-, , , , , , , ,

          

関連記事

ヘナ入浴で毒素を排出!頭が軽い!ツヤツヤの髪と肌を体験

髪の毛がいつもツヤツヤの知人がいて、聞いてみたところヘナで毛染めをしていると教えてもらいました。 その方は50代前半なのですが、ストレートのロングヘアがよく似合っています。 興味があったので天然100 …

頭皮の硬くて白い粒は皮脂?出ないようにする対策が知りたい

フケとはちょっと違う、頭皮にできる白い粒 気になりますね。 この白い粒は一体なんなのでしょうか? スポンサードサーチ 白い粒は頭皮の脂? 白い粒の正体は脂です。 角栓様物質と呼ばれていますが、正式な医 …

手の日焼けを早く白くしたい!日焼けした黒い手を白くする方法が知りたい

焼けていない肌は白いのに、長年の蓄積か手の甲だけが黒くなっている・・・。 少しでも早く白くしたいけれど、何かいい方法はないのでしょうか? 私の取り入れている方法を紹介いたします。 スポンサードサーチ …

脂肪が冷える!お風呂の中でも冷たい二の腕!理由が知りたい

ずっと不思議だったんですが、お風呂に入って温まってるつもりでも二の腕を触ると冷たいのです。 そのことが気になっていたのですが、ちょうどエステで働いている友達と話したところ、いろいろ教えてもらいました。 …

気になるほうれい線、首のシワの原因は頭皮のたるみだった?

鏡を見ると憂鬱になるシワ問題。近頃は女性だけでなく男性も気にする方が増えました。 そんな中で知り合いのある女性は、40代後半にも関わらず、たるみもなくかなり若く見えます。何故かというと”ほうれい線”と …