知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

朝うつかもしれない?起きてすぐに気分が落ち込む原因が知りたい

      2017/01/10


アラームが鳴って目を覚ましたとたん、どっと気分が落ち込んでいませんか?

このような状態は、朝うつ状態になっているといえます。

今 ここを読んでいる方はおそらくうつ状態だと思ったほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

朝うつの原因を追求する

まず、朝うつの原因の大半が仕事に行きたくない・学校に行きたくない というものです。

自分にとって苦痛な時間が長い環境に行かなければならないことが 目を覚ました瞬間に押し寄せてくるのです。

仕事が合わない・人間関係が疲れる・残業が多く労働時間が長い・勉強がついていけない・苦手な同級生がいる・先生が嫌い・部活をやめたい などいろいろな理由があります。

生きていると誰でも悩みがあるものです。

しかし朝からどんよりと気持ちが沈み込む時は 心がSOSを出している状態なので あまり無理をしない方が良いのです。

朝うつの原因を解決しようと頑張らないこと

うつになってしまうと 頑張ろうという気持ちが出てこなくなります。

ですので、原因がわかったからといってもすぐに解決しようと あせらないことです。

そして、すぐに解決するようなことなら 人はうつにならないのです。

まずは、頑張らないことです。

うつになったのは、頑張ってないからではないからです。

自分のせいではありません。

それでは、原因がわかってからどうしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

自分がどうしたいのかをノートに書き出す

原因がわかったら、自分がどうしたいのか、どうなりたいのかをノートに書き出してみましょう。

頭で考えるだけでなく、書き出すことに意味があります。

これは、やる気の起きない時に書き出すという行為が少しでも前に進む きっかけになりやすいからです。

もちろんノートでなくても誰にも見せないブログに書いてもいいでしょう。

そして、書いたところでどうせ叶わないから という気持ちがうまれてきますが それで良いのです。

朝うつ

それは 叶う、叶わないという結果でなく まず自分がどうしたいかを客観的に知る必要があるのです。

書き終わった後には、読み返す気力があるなら読み返してみましょう。

そして、次の日も同じことを繰り返します。

次は、書き出している時に湧き上がった感情も一緒に書いていきます。

不満や悲しみでも構いません。

そして、また次の日も繰り返すのです。

そうやって続けていくと、不思議なことに何かしら心の変化が訪れてくるのです。

書いていることに、バカバカしくなってきたり、友達に相談しようという気力が湧いてきたり、転職しようと職探しをしたりなどです。

これは何故かというと うつの状態の時は感覚がマヒしているので自分の本音がわからなくなっています。

また、諦めモードになっているため どうでもよい状態なのです。

それが自分の気持ちを書き出す行為を続けていると、最初はあまり書けなかったのに書く事がどんどん増えてくるのです。

心の奥底に溜まった感情が吐き出されていくのです。

一度フタを開けた心は回復するのが早いです。

ノートに書くことが多くなった時には、とりあえずまずは、どうしたら良いかが決めれる段階まで回復していることでしょう。

完璧を求めない

人は、上手に生きようと気構えていると 失敗した時や些細なことでも気にしてずっと引きずってしまいます。

そして傷ついたまま、心の底に溜まっていきます。

しかし無限に溜めておくのは出来ないため、自分の許容量を超えた時にうつになってしまいます。

完璧を求めなくても良いのです。

無理をしなくていいのです。

朝起きた時に、心が暗いなら 自分と向き合ってゆっくりと吐き出していきましょう。

関連記事→連休明けは仕事に行きたくない!ズル休みの言い訳が何があるか知りたい

スポンサーリンク

 - 健康・医学, うつ病 , , , , , , ,