糖尿病

糖尿病予防には青魚の缶詰と早歩きが効果的?今でしょ!講座

投稿日:2014-11-25 更新日:

スポンサードサーチ

青魚の缶詰(名医がやってる糖尿病の予防法)

小田原雅人先生から聞いた 糖尿病に効果的な方法があります。

① 青魚(さんま・鯖・イワシ・鯵)の水煮(缶詰)を食べる

青魚の水煮 さば さんま イワシ

なぜ青魚がいいの?

青魚に含まれている魚油の EPA・DHAがインスリンを増やすホルモンを作ります。

青魚の魚油が 糖尿病予防に効果的なんです。

食べ方としては青魚をお刺身で食べるのが 魚油と酵素をとれるので1番良いです。

けれど 青魚は痛みが早いため、いつでもお刺身で 食べれるわけではありません。

それなので 自然の形で煮てある 水煮の缶詰が魚油が抜けてないので おすすめなのです。

名医が絶賛 GLP-1というのは?

GLP-1というホルモンは 痩せホルモンと言われています。

GLP-1は 膵臓のインスリンを出す細胞を刺激します。

即効性があるので 糖尿病の方には かなりベストです。

更に 

脳の満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果

が期待できます。

胃から食べ物を腸に移動させるのを

少し遅らせるんです。その結果、胃もたれ感が出て食べる量が減るのです。

GLP-1は 素晴らしいですね。

② 移動は早歩き・階段は1段飛ばしで登る

早歩き 階段飛ばし

階段1段飛ばし

スポンサードサーチ

なぜ 早歩きや階段を1段飛ばすと糖尿病に効果的なのか?

筋肉を活発に使うと エネルギーが必要になります。

そうすると インスリンを使わず筋肉自身がブドウ糖を 直接取り込むのです。

よって ブドウ糖を処理するのに注射が必要なくなります。

1日に30分を1回 運動するなら10分を3回のように 回数を増やしたほうが効果的です。

糖尿病はお医者さんが治すのではなく自己管理でコントロールできる病気です。

インスリン注射が必要な方でも 努力すれば改善されます。

出来ることから取り入れていきましょう。

-糖尿病
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

          

関連記事

冷やご飯のおにぎり・お寿司がダイエットや糖尿病に効くって本当か知りたい

冷ご飯は ダイエットや糖尿病に向いているのでしょうか? それは何故か知りたい にお答えします。 スポンサードサーチ 冷やご飯でおにぎりはダイエットに向いているのか? まず ご飯というのは大体温かいまま …

男性の日傘が増えている!暑すぎる紫外線、白内障から身を守る折りたたみの携帯日傘が知りたい

日傘は女性だけのもの。 決まっていませんが 今までは男性が日傘をさすのは考えられませんでした。 しかし年々最高気温の上がる夏、男性であっても日傘をしたほうがいいのです。 ”日傘男子”なんて言葉もありま …

糖尿病に酵素玄米が効く!HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)を下げる酵素玄米のことが知りたい

糖尿病を患っている人は、かなり多いです。 その中のほとんどが、食べるのが大好きな人たちです。 美味しいもの、好きなものを食べるのがストレスも解消になるので、健康のためとはいえ治療は辛いものです。 逆に …