知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

お金に卑しい人 世の中はお金が全てというけど、本当はどうなのか知りたい

   


お金があれば

お金がないから

何かを話す前に、この二つを言ってしまうことがあります。

確かに、お金があればOOができる お金がないからOOができない。

生きているとそういう状態になることは多いでしょう。

お金が全てとは言いたくないけど、本当のところは欲しい。

こんなふうにお金に悩まされて生きている人は、ものすごく多いです。

スポンサーリンク

お金が全てと思うのは卑しい(いやしい)?

お金の話をすると、お金に卑しい 守銭奴 ケチくさい などと悪いイメージを持つ人が多いです。

逆に、お金がある人には妬みが出たりすることも多いです。

それは 人はお金のことで悩んでいるのが大半だからです。

無理もありません。

お金があれば、美味しいご飯もたくさん食べれるし 体調が悪い時にはすぐに病院へ行けます。

好きな服も買えておしゃれが出来ます。

大切な人にプレゼントを贈ることもできますし、お金に余裕があることでいろんな人たちの喜ぶ顔を見ることが出来ます。

お金に人間関係が振り回される

お金に卑しい人 お金が全て 世の中

私たちにとって、お金というものは無くてはならないものであります。

しかし、お金を稼げるようになると 不思議なことにお金を持つことが減る傾向にあります。

どういう事か説明します。

お金がたくさん入るようになってくると、手元には置かず 銀行で管理します。

使うときはクレジットカードで購入して、実際にお金の動きを見るのが減っていきます。

また、食事をご馳走したり、してもらったり プレゼントを贈ったり贈られたり などとお金以外の行き来がどんどん増えていきます。

ですので現金を手元に置かなくても生活が成り立つようになります。

一方、お金に苦しんでいる人は クレジットカードも持てず 現金が手に入る仕事に走ります。

日払いであったり夜の仕事であったり、手渡しや即で給与を支払ってもらえる環境になったりします。

そして、そのような環境の人は お金のトラブルに巻き込まれることが不思議と多いです。

お金を手に入れるのが大変だと感じているからこそ、お金に執着し そのような人が集まり、人間関係が振り回されるのです。

もしあなたが、お金がない環境に居ると自覚するなら 少しでも早く抜け出せるようにしたいものです。

スポンサーリンク

お金は全てだけど、全てではない

生きるのが大変な時こそ、お金が回らず悲しいことが続きます。

お金は生きていくのに必要なものであります。

そしてお金は使ってこそ生活できるのです。

お金を持っていても、食料を買いに行かなければ食べれません。

お金を持っていても、服を買わなければずっと同じ服のままです。

亡くなった時に持っていても使うことはできません。

お金は人生の大半をサポートしてくれるものです。

そういう意味では、お金に対して卑しいとマイナスのイメージを持つのは、本当はおかしいことなのです。

助けてくれる素晴らしいものだと思えば、お金に対してのイメージは良いものしか残りません。

マイナスのイメージが浮かぶのは、今の環境・状況を変えたいという自分自身の欲望からくるものなのです。

あなたが今、 お金に対してマイナスのイメージが強いなら 不満がたくさんある生き方をしているからなのです。

嘆いて愚痴を言って 状況が変わるなら ずっと言い続ければ億万長者です。

しかし それはありえません。

言っても変わらないなら 頑張るしかないのです。

お金が全てと思うのは、生きていく上での必要なものに対して使い 全てでないと思うのは 精神(こころ)の器の大きさによるものなのです。

そこを分けて考えれるようになった人には、お金が回りだすのです。

もしあなたが、お金が全て としか見えない状況なら あなたの悩みの全てが お金があることで100%解決できるか ゆっくり考えてみましょう。

スポンサーリンク

 - ライフスタイル , , , , , ,