知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

平熱が低い 35度低体温の微熱が辛い 平熱を上げる方法が知りたい

   


一般的な平熱は、36度台ですが 平熱が35度台であったり34度に近い35度の人がいます。

この平熱が低いというのは、結構日常生活でしんどくなることが多いです。

スポンサーリンク

平熱が低い人にとって、微熱が既に微熱ではない

風邪をひいた時など、熱が何度出ている?と体温計の温度で判断しますが 熱が出ているかは平熱から何度上がっているかで本来考えます。

平熱が低い 微熱

37度の熱がある場合、微熱ですね と言われてしまいますが 平熱が低い人にとっては 微熱でなくて熱なんですけど・・・とツッコミを入れたくなるくらいしんどいです。

しかし、平熱が低い人同士でしかわかってもらない辛さであります。

37.5度を越えると熱があると診断されます。

平熱が1度上がるとどう変わる?

健康であれば、平熱は36度台になります。

もちろん生まれつきの体質もありますので 小さい頃から平熱が低い人もいるでしょう。

実は、平熱が1度上がるだけで良いことがたくさん増えます。

一体何があるのでしょうか?

【痩せる】

平熱が1度上がると基礎代謝があがります。

体温1度で基礎代謝が700キロカロリーも消費するのです。

700キロカロリーといえば、焼き魚の定食ぐらいあります。

これはすごいですね。

【酵素の働き活発になる】

酵素とは、体の老化や疲れを抑える役目をします。

平熱が1度 低くなるだけで酵素の働きが50%も落ちてしまいます。

逆に平熱が1度上がるだけで50%も酵素の働きがアップするのです。

普段から平熱が低い人は、酵素を意識して摂るようにすると良いでしょう。

 

【ガンの増殖を抑える】

平熱が低い人は、普段から血流が悪くなりがちです。

しかし1度上がると血流がよくなり 血液中にある白血球の働きも活発になります。

白血球は風邪やウイルスから普段、私たちの身体を守ってくれるだけでなく がん細胞をこまめに攻撃して戦ってくれています。

どんなに健康な人でもがん細胞は1日で約5000個もできると言われています。

平熱が1度上がるだけで、ガンになりにくくなるのです。

【うつ病になりにくい】

平熱が1度上がるだけで、うつ病にもなりにくくなります。

これは免疫が上がることでストレスにも強くなるからです。

人は悩んだり悲しいことがあると体温が下がります。

逆に、嬉しいことがるとテンションが上がり体温が上がります。

普段から落ち込みやすいのは、もしかしたら低体温なのかもしれません。

それでは、低体温の人が平熱を1度上げるにはどうすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

平熱を1度上げる方法とは?

先ほど平熱が1度上がるとどう変わるか説明しましたが、擬似的にでもそういう状態に まずは持っていくことが大切です。

それは、体を温めることです。

体を温めるには3つの方法があります。

① 入浴

② 食事

③ 運動

この3つの要素が絡まって、体が温まります。

①の入浴では、シャワーではなく湯船につかるようにします。

時間をかけて温めれば、じんわりと体の内臓まで温まりますので、体温が上がった状態を長く維持できます。

②の食事では、出来るだけ温かい食事、飲み物を摂るようにします。

お水も飲む時はせめて常温にするとよいでしょう。

体を温める食品はたくさんありますので、自分の好きな食品を選べば続けやすくなります。

ココアは体温を上げますので、年代問わず取り入れ易いかもしれません。

便秘や安眠に効く身体にも良いゴディバのココア!美味しい作り方が知りたい

内蔵が冷たく感じる 内蔵型冷え性に効果の高い食事が知りたい

③の運動は、必ずしましょう。

運動で筋肉量があがると、体温が上がります。

しかし、日頃から運動不足の人は、腰や膝に負担がかかりやすいので まずはラジオ体操から始めるとよいでしょう。

(本気でやれば結構しんどいです)

体が今より柔らかくなってきたら、歩く距離や階段で登る回数を徐々に増やして行き、日常での運動を増やして行くと無理なく出来ます。

スポンサーリンク

 - 健康・医学, うつ病 , , ,