知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

何故か知っている場所 デジャヴの世界 自分の前世が知りたい

      2016/08/20


あれ、ここ知っている?!そんな不思議な感覚に陥ることがあります。

場所だけでなく状況や行動も含め、いつだかわからないけど体感したことのあるような気になります。

この感覚のことをデジャヴといいますが、それには前世が関係していることがとても多いです。

スポンサーリンク

本当に前世ってあるの?

前世とは、今の自分が生まれる前に 違う誰かとして生きたということです。

しかしその人生の記憶は、次に生まれ変わる時に消えてしまいます。

それは、記憶が残っていると今の人生を生きるのに混乱するからなのです。

私たちは、記憶がないとなかなか受け入れられないものですが 実際に前世は存在していて 何度も転生を繰り返しています。

前世の記憶が残っている子供

子供は産まれてから、大体3歳くらいまでは前世の記憶が残っていることが多いです。

前世の記憶がなくても お母さんのお腹の中にいた頃の記憶や、お母さんが妊娠する前のこととかを話す子供もたくさんいます。

またその頃は霊感が強く、私たちには見えないものが見えたりもあります。

それは、前世の記憶や産まれる時の出来事などが生々しく残っており 転生しきれていない場合に起きます。

そんな子供も歳を重ねていくうちに今世の自分に慣れ、前世の記憶が薄れていきます。

自分の前世が知りたい

前世 記憶 デジャヴ

自己探求心が強い方は、自分の前世に興味が強くあります。

そして運命や生きがいなど深く掘り下げて知りたくなっていきます。

前世を知る方法は、よく退行催眠などが挙げられます。

ただ、数多くの人生を生きてきた一部しか知ることができないので 満足できないかもしれません。

自分の前世をどうしても知りたいと願うなら、その答えは身近にあります。

スポンサーリンク

自分自身を追求していくと前世がわかる

生まれつき苦手なもの、怖いものがありませんか?

よく聞くのが水が怖いという話です。

水でとても苦しい思いをした(亡くなった)などという前世を過ごしているからです。

また、不思議な痣(あざ)が産まれたときからある方もいます。

それは、その部分が病気やケガ、刺されたなど何か関係している場合が多いです。

そして、性格や考え方などでは今の自分と真逆である前世を生きてきていることが多いです。

このように、今の自分自身を大切にして追求していくと、ふっと浮かぶ人物像が突然現れるようになります。

それが、あなたの前世であるのです。

その前世は、現在の自分に大きく関係しています。

ですので、どうしても前世が知りたいなら、自分がどんな人間であり、どんな考え方をするのか、どうしたいのかを追求するとよいでしょう。

最後に

少し質問ですが、あなたは前世を知ってどうしたいでしょうか?

ぶっちゃけて書きますが、実は前世は知らなくても生きていけます。

知ったところで何かが劇的に変わるものではないです。

注目してもらいたいのは、前世を知りたい=生きている意味を知りたい、自分を知りたいからなのです。

そして、何かもっと生きていく使命が知りたいからなのです。

そこに気づいた方は、スピリチュアルの感覚がさらに磨かれてシンクロが起きるようになるのです。

8月末に、映像の美しさで定評のある新海誠監督の「君の名は。」が公開されます。

主題歌を歌っているRADWIMPSの”前前前世”の歌詞も秀逸です。

前世に興味がある方は、是非観に行きましょう。

スポンサーリンク

 - スピリチュアル・パワースポット , , , , , ,