知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

頭から汗が出る!夏に辛いものが食べたくなるのは何故か知りたい

   


暑い夏は特に辛いものが食べたくなります。

ただでさえ体中に汗が流れているのに、辛いものを食べると一層 汗がだらだらになりますよね。

何故そこまでして、辛いものが食べたくなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

暑くて出る汗と食べて出る汗は違う

私たちにとって、汗をかくというのは体温を下げるために必要なことです。

気温が高い夏は、外に出るだけで汗が吹き出します。

それだけでなく、辛いものを食べても汗をかきます。

ただし、暑くて出る汗と 食べて出る汗は違うんです。

どうちがうかというと、辛いものを食べて出てくる汗は、味覚性発汗といいます。

この舌が感じた刺激は、頭と顔、首を中心に吹き出します。

体で感じる暑さは、全身に出るのに 味覚性発汗は頭を中心に出るのです。

しかしこの原理は、何故なのかは まだはっきりわかっていません。

ただ、暑い時に辛いものを食べるには理由があります。

辛いものを食べると気持ちが良くなる?

夏 辛いもの 脳内麻薬

辛いものを食べた時には、人は痛覚で感じています。

辛いものを食べるとヒリヒリしますよね?

これが痛覚です。

この痛覚が刺激されると、脳は痛みとして捉え、その痛みから守ろうとすることにより モルヒネに似たドーパミンエンドルフィンという物質が分泌されます。

いわゆる脳内麻薬というものです。

これが、痛いはずなのに気持ちが良くなり 辛いものを食べるのが止まらないのです。

激辛好きの人は、快感を感じているためどんどん辛いものに挑戦してしまうのかもしれません。

夏の暑い時に体力が消耗しているからこそ、ストレスが強くなり 刺激が欲しくなってしまうのです。

辛いものは食欲を増進します。

昨日 坦々麺を食べたのに、今日も激辛カレーが食べたい!なんて時は、そうとう弱っているのかもしれません。

実は辛いものが苦手?頭から汗が吹き出る人

辛いものを食べて、汗が吹き出る人は 自分で思ってるよりも辛いものが苦手だったりもします。

激辛が得意の人と比べるとわかりやすいですが、辛さが得意な人は汗の出る量が違います。

耐性ができているともいえます。

スポンサーリンク

食べすぎに注意?辛い料理は炎症させる

辛いものは代謝を活発にさせて、肌をきれいにしてくれますが 多量に続けて摂るのはオススメはしません。

それは、辛い料理は口に入って食道を通り 胃に入るときにたくさんの刺激を与えます。

脳内麻薬のおかげで感じにくいかもしれませんが、食道は辛味のせいで炎症しやすくなっています。

また熱いものが流れるとさらに刺激を与えます。

もし、辛い料理を食べて、喉の奥 胸あたりがカーッとなっているなら 食道を休ませるため辛いものは少しの間 控えましょう。

炎症した細胞は、修復するために一生懸命に働きます。

常に修復し続けると疲れてしまいますので、休ませてあげましょう。

食道だけでなく、胃腸の調子が悪くなる人も、辛いものはたくさん摂らないほうが良いでしょう。

辛い料理の前に乳製品

そうはいっても、辛い料理は食べたくなります。

そういう場合は、食前30分前に乳製品を摂るようにしましょう。

牛乳やヨーグルトのタンパク質が胃の粘膜を保護してくれますので、胃腸が弱い方にはバッチリです。

インドカレーを食べる時にラッシーがセットについてくるのは、理にかなっていますよね。

だからといって過剰に食べず、適度に辛いものを楽しむようにしましょう。

暑い夏には辛い料理で、ストレス解消で元気になりましょう。

関連記事→無性にカレーが食べたい!って危険な状態?カレー中毒の身体の状態が知りたい

スポンサーリンク

 - 健康・医学 , , ,