知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

糖尿病に酵素玄米が効く!HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)を下げる酵素玄米のことが知りたい

   


糖尿病を患っている人は、かなり多いです。

その中のほとんどが、食べるのが大好きな人たちです。

美味しいもの、好きなものを食べるのがストレスも解消になるので、健康のためとはいえ治療は辛いものです。

逆に言えば、食生活を変えるとみるみる改善が見られる病気でもあります。

その中で、玄米について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

糖尿病に玄米は効果的?

玄米は体に良いと聞いたことありませんか?

ミネラル食物繊維が多く、デトックス効果も高いのが玄米です。

糖尿病にも効果を発揮します。

糖尿病 酵素玄米

しかし、落とし穴があります。

玄米食を始めた時は、調子が良くなった感じだったのに 続けていくうちに貧血になったり、虫歯になりやすくなったりと、健康から遠のいていきやすいのです。

玄米は上記に書いたように、デトックス効果が強いです。

私たちの体内の毒素をデトックスしてくれますが、毒素が減ってくると 体に必要なものまでも出してしまっているようなのです。

玄米にはたくさんの栄養素があるのに結局、体から排出されてしまうなら意味がないのです。

そしてもう一つ、玄米はパサパサして美味しく感じられない人も多いです。

美味しくないと、食べるたびに拷問になり続けにくいですよね。

それでは、玄米食は意味がないのでしょうか?

発芽玄米なら栄養を吸収できる

そんなことはありません。

発芽玄米なら、玄米の栄養を吸収できます。

玄米は発芽することで、デトックスに働きかけるフィチン酸のパワーが弱まります。

また消化吸収に優れていますので、玄米の良いところをたっぷり持っています。

しかし、味については 玄米よりはマシですが、それでも美味しいと感じられない人も多いです。

スポンサーリンク

酵素玄米ならもちもちでおいしい

玄米は美味しくない・・・をひっくり返すほど美味しい酵素玄米があります。

こちらは、炊いてから3日ほど寝かせてから食べる玄米です。

初めて食べたときは、体中が美味しい!と喜んでいるような味でした!

ただ、消化吸収はそんなに良くないです。

発芽玄米か?酵素玄米か?

・栄養を取るなら発芽玄米(吸収を重視

・美味しさを取るなら酵素玄米(排出を重視)

このように、同じ玄米でも役割が違います。

おすすめは、組み合わせて食生活に取り入れるのが一番だと思います。

酵素玄米デトックスしてから、普段は発芽玄米と白米で生活する。

この方法が効果的だと思います。

【発芽玄米のおすすめ】

【酵素玄米のおすすめ】

酵素玄米は炊いてから 毎日混ぜて炊飯ジャーで保温に3日間、というふうに手間がかかります。

こちらはレトルトパックなので食べる時に温めるだけです。

とても使いやすいと思います。

酵素玄米とHbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)の関係

そうはいっても白米を大好きな人からすると、玄米食は慣れないかもしれません。

しかし、1日の3食のうち1食でも玄米食に変えるだけで HbA1cが下がりやすくなるという研究結果が発表されました。

1食だけなら・・・出来ると思いませんか?

スポンサーリンク

 - 健康・医学, 糖尿病 , , , , , , , , ,