知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

「何食べたい?」「何でもいい」決められない恋人との付き合い方が知りたい

      2016/11/27


「何食べたい?」

「何でもいい」

交際中の二人の会話、よくありますよね。

この会話がきっかけで、イライラして喧嘩してしまうこともあります。

スポンサーリンク

決められない恋人に嫌気がさす

食べるものは一つの例です。

それ以外にも、一緒に行動することにより 小さなことでも決断しなければいけない時って結構あります。

そう、人生は決断の連続なのです。

たまになら良くても、全て丸投げでいつでもを任せられたら さすがに嫌気がさしてこないでしょうか?

そのくせ こっちが決めると文句を言う

温泉旅行に行きたいって彼氏(彼女)が言うから、計画を立てた。

「道後温泉のこの旅館はどう?」

「高すぎるから、ムリ。こんな金額出せるわけないじゃん。」

「え・・・でも 露天風呂付きの部屋がいいって言ったじゃん。OOがいう値段じゃ無いよ。これでも安いところ探したんだよ。」

「・・・。じゃあ、やめよう。」

こんな感じで、決めても文句を言われ しかもその労力には感謝の気持ちさえありません。

けれど、相手はこれぐらいかかるという相場を知らかっただけかもしれません。

決められない恋人との付き合い方は?

%e4%bd%95%e3%82%82%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%80%e6%81%8b%e4%ba%ba

こんな感じの会話が頻繁にあったら、いつもイライラして些細なことでもムカッと来てしまいます。

こういうタイプの恋人と上手に付き合っていくには、相手の欲求を叶えなければいいのです。

人は、好きな人・大切な人が欲求することを叶えてあげたい という気持ちがあります。

自分の思い通りに行かなくて、すぐに怒ったり文句を言う人は その気持ちが少ないです。

それは、愛して愛されてではなく 愛されてしかないからです。

さらに鈍感で 恋人に欲しくもないプレゼントをあげて「どうだ?」みたいに悦に入ることもあります。

結局は自分が一番なのです。

自分を大切にするのは素敵なことです。

しかし、自分以外の人が愛して大切にしてくれるなら どれだけすごいことなのか 気づくべきではあります。

もし、そういうタイプと付き合うには、自分の欲求を伝えながら相手の欲求を叶えるようにします。

選択肢を提示する

どういうことかというと、まず選択肢を提示します。

まず温泉は、道後温泉以外にも、白浜温泉やわたらせ温泉もあります。

露天風呂付きの部屋でなくても、貸切り風呂があるなら二人でゆっくり浸かれます。

このように、選択肢を出して 恋人に選んでもらうのも一つなのです。

このタイプは、欲求を省略しすぎて適当に口に出してしまうので 聞いているあなたが鵜呑みにしなければいいのです。

あなたが決めたからと責任を押し付けない

そして、選択肢から選んでくれたらそれを元に絞っていきます。

その段階で、本当に温泉に行きたいのか 何にこだわっているのか、おのずと見えてくるでしょう。

見えてくれば、追加したり 変更したりとすればよいのです。

もし決めてくれた結果が、イマイチであっても責めてはいけません。

決めるのがさらに嫌になってしまいます。

スポンサーリンク

選べない人 決められないのは、環境も関係している

決められないのは甘やかされているから、と思うでしょうか?

いいえ、それだけではありません。

家庭環境が複雑であったり、金銭的に苦労をして育ってしまうと 選べない人になることがあります。

お金や自由がないと、選択肢が減ります。

選択肢が10個あるのと2個しかないのでは、大いに違います。

2個だと、どちらかを選ぶだけなので決めやすいですよね。

これと同じなのです。

恋人ができると、愛されて自分のためにいろいろしてくれる、それに慣れていない人は 欲求を漠然した形で伝えてしまうので、結局決められないのです。

それから、仕事で決断を多くする立場の人も プライベートでは決められない人になることがあります。

これは単純に、決めるのに疲れているだけです。

仕事でない時間は、恋人に決めてもらうのが楽なので甘えているからです。

決めるのに慣れていないだけかも?

決めるのをあなたが率先して行動してはないでしょうか?

たぶん、そのペースについていけてない可能性もあります。

いつも決めれない人は、確実に決めることが経験不足です。

決めるのに慣れていないだけなのです。

ですので、出来るだけ相手に決めてもらうように あなたは行動せずに待ちます。

自分で決めて行動する、その結果で相手が喜ぶ

これが積み重なってくると楽しくなり、もっと相手(恋人)のために何かしようと思えるようになるのです。

今の恋人と長く付き合いたいのであれば、少しずつ変化していけるように こちらもサポートするつもりでいれば、上手くいきます。

スポンサーリンク

 - 人間関係, 恋愛 , ,