知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

温泉に行きたい!寒くなると無性に温泉に行きたくなるのは何故か知りたい

   


夏が終わり肌寒くなってくると、ふっと思います。

温泉に行きたい!

ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか?

毎年のように、温泉に行きたくなりますが 一体何故なのでしょうか?

スポンサーリンク

温泉に行きたい!寒くなると無性に行きたくなるのは本能?

人間は、体温が1℃下がると30%も免疫力が下がると言われています。

それは、体の生命活動に頑張っている酵素が、体温が下がることによって上手に働けなくなるからです。

寒い季節は、すぐに体が冷えやすいです。

無性に温泉に行きたくなるのは、風邪やインフルエンザを予防するためにも、体を温めなきゃ!と本能が動くからなのです。

スポンサーリンク

冷えた心にも効く!温泉の効能

無性に温泉に行きたくなるのは それだけが理由ではありません。

%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%84

体温が下がると血流が悪くなり、栄養や酸素が体のすみずみまで運ばれなくなります。

その結果、内臓の働きは低下します。

また心のバランスをとる ”セロトニン” がつくられなくなり 無気力やうつ状態になるのです。

朝の気温が低い時に、ドンと落ち込むのはそのためなのです。

関連記事→朝うつ 朝うつかもしれない?起きてすぐに気分が落ち込む原因が知りたい

そんな冷えた心には、温泉にゆっくり浸かると温まってきます。

体だけでなく心も守ろうと本能が動くのです。

天然温泉とスーパー銭湯の違いは何?

温泉に行きたい!と思っても遠出する時間がないときに、近場のスーパー銭湯がありますよね。

温泉ではないのでしょうか?

温泉と、スーパー銭湯の違いはいくつかあります。

まず、温泉旅行に行きたいなあ と浮かぶ温泉地域は国が認める温泉の基準を満たしています。

そしてスーパー銭湯でも、天然温泉と謳っているところは基準を満たしています。

それ以外では、別のところから温泉を運んできて沸かしなおしたり 人工的に温泉の成分を加えた人工温泉であったり、水道水や井戸水を沸かしたものを使用しています。

近くの温泉に行きたい!なら、天然温泉のスーパー銭湯を探してみるといいかもしれません。

【温泉の基準】

① 地中から湧出している温水・鉱水・水蒸気・ガスであり、源泉温度が25℃以上であること

② 温泉の特定成分(19種類)のうち、1つ以上が規定値に達している

※25℃以下であっても特定成分が規定値達してあれば 温泉になります。

また体に痛みがあったり、健康目的であるなら 療養のための温泉規格に合格した「療養温泉」を探すとよいでしょう。

最後に

温泉に行きたい!と思ったら、是非行きましょう。

体と心を温めて、寒い季節をゆったりと過ごせるといいですね。

スポンサーリンク

 - ライフスタイル, うつ病 , , , , ,