知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

京都の花背で地鶏と山菜を楽しむ!みつた荘のことが知りたい

      2016/10/22


京都の花背(はなせ)いう場所に、春は山菜、夏は川床で蛍と鮎、秋冬には美味しい地鶏を楽しめる場所があります。

縁があって”みつた荘”というお宿に1泊2日で出かけてきました。

スポンサーリンク

澄んだ川が見下ろせる場所 みつた荘

京都駅から出町柳駅までタクシーに乗り、そこから1時間40分ほどでバスに揺られて到着。

うっかりしていて、降りるバス停を乗り過ごしてしまったのですが、その有無を連絡すると女将さんが快く車で迎えに来てくれました。

到着したみつた荘は どこか懐かしい感じのするホッとした雰囲気でした。

通された部屋の横に食事処がありますが、そこは外とガラス障子一枚だけのとても開放的な空間でした。

%e3%81%bf%e3%81%a4%e3%81%9f%e8%8d%98%e3%80%80%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9%e9%9a%9c%e5%ad%90

%e3%81%bf%e3%81%a4%e3%81%9f%e8%8d%98%e3%80%80%e6%be%84%e3%82%93%e3%81%a0%e6%b0%b4

見下ろすと澄みきった川が流れています。

%e3%81%8d%e3%82%8c%e3%81%84%e3%81%aa%e6%b0%b4

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%80%80%e8%8a%b1%e8%83%8c

目を凝らして見ていると、ちっちゃな魚が泳いでいるのが見えるほどです。

%e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%80%80%e3%82%88%e3%82%82%e3%81%8e%e5%9b%a3%e5%ad%90

手作りのよもぎ団子と、

%e3%82%a2%e3%82%b1%e3%83%93%e8%8c%b6

自家製のアケビ茶で迎えてくれました。

ゆっくりしていると、お風呂が湧きました。

川の水で沸かしたお風呂は、とても柔らかく温泉に入っているような感じでした。

%e5%b7%9d%e3%81%ae%e6%b0%b4%e3%81%ae%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82

少し浸かっただけでポカポカと温まります。

スポンサーリンク

濃厚な地鶏で炭火焼とすき焼きを堪能

お風呂の後は、楽しみにしていた夕食です。

%e9%ae%8e%e3%80%80%e3%82%b0%e3%83%9f%e3%80%80%e8%8a%b1%e5%b1%b1%e6%a4%92%e3%80%80%e9%9d%92%e6%a2%85

向かって左手前から青梅の甘露煮、ぐみ、つくし、蕗(ふき)に蕗味噌、鮎、菜の花?(うろ覚えです。)山芋に花山椒と、丁寧に仕事された一品一品が並びました。

花山椒は全く辛味がなく、純粋に山椒の美味しさを堪能できました。

青梅も上品な甘さでした。

また、ぐみはなかなか食べる機会がないので新鮮です。

ちょうど、宿泊した時期が夏か秋か微妙な時期だったおかげで、ごりと鮎の天ぷらも出してくれました。

%e3%81%94%e3%82%8a%e3%80%80%e9%ae%8e%e3%80%80%e5%a4%a9%e3%81%b7%e3%82%89

さっきまで生きていたそうです。

%e5%9c%b0%e9%b6%8f%e3%81%ae%e5%88%ba%e8%ba%ab

次に地鶏のお刺身です。

ササミの色がものすごく濃いです。

美味しすぎて夢中で食べました。

%e5%9c%b0%e9%b6%8f%e3%81%ae%e7%82%ad%e7%81%ab%e7%84%bc

わざわざ炭をおこして地鶏を焼いて食べます。

炭火で焼かれた皮がパリっとして これまた美味しいです。

そしてメインのすき焼きです。

この日のために絞めてくれた地鶏でのすき焼きです。

%e5%9c%b0%e9%b6%8f%e3%81%ae%e3%81%99%e3%81%8d%e7%84%bc%e3%81%8d

鳥のスープで割りながら食べるすき焼きは、濃厚な鶏肉をあっさり食べれて いくらでも食が進みます。

%e9%b3%a5%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97%e3%80%80%e3%81%99%e3%81%8d%e7%84%bc%e3%81%8d

女将さんが玉ねぎをしきりにして、火が通った具材と生の具材とを分けて食べやすくしてくれました。

ちなみにこの玉ねぎは、淡路の甘い玉ねぎでした。

なんと、女将さんは淡路島出身だそうです。

お腹がいっぱいになったところで美味しいご飯をだしてくれました。

%e6%96%b0%e7%b1%b3%e3%80%80%e3%81%a4%e3%82%84%e3%81%a4%e3%82%84

もう入らないと思っていたのに、つやつやの新米に箸が止まりません。

%e6%9f%bf%e3%81%a8%e6%a2%a8

デザートには柿と梨が出ました。

秋ですね。

川の流れの音で眠りにつく

美味しい食事が終わったあとは、ふかふかの和布団に入って 川の流れの音に癒されながら眠りにつきました。

川の音は結構おおきかったのですが、不思議とぐっすり眠れました。

夏には蛍が飛ぶそうです。

また、夏に来ようと思いました。

朝ごはんは産みたて卵の卵かけご飯

あんなにお腹いっぱいだったのに、朝になればまた食欲がわいてきます。

ぐっすり眠れたうえに、お水も空気も美味しいからでしょうか。

%e3%81%bf%e3%81%a4%e3%81%9f%e8%8d%98%e3%80%80%e6%9c%9d%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93

暖かいお味噌汁と、産みたて卵、そして自家製のぬか漬け、舌平目の塩焼きに納豆、アケビ茶と豪華です。

ぬか漬けにはミョウガがありましたが、かなり美味しかったです。

そして卵かけご飯に醤油をちょっと垂らして食べます。

%e7%94%a3%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%a6%e3%81%9f%e3%81%be%e3%81%94%e3%81%8b%e3%81%91%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93

美味しいと無口になりますよね。

「コーヒーを飲みますか?」

女将さんが聞いてくれたので ご好意に甘えて頂きました。

%e9%a3%9f%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc

写っていませんがお茶請けにおかきも出してくれました。

お土産には産みたて卵とアケビ茶までもらいました。

初めてなのに常連さんのように応対してくださって、本当に嬉しかったです。

お土産は、ちょうど運良く卵とお茶があったので、頂けました。

これで、税込一人11.500円です。(2016年10月現在・酒代は別)

自然がいっぱいで癒されたい方は、是非おすすめの場所です。

テレビもない携帯の電波も届かないので、本当にゆっくりできます。

料理も美味しいのと、出される器も変化に富んで楽しめます。

一人でも家族でもゆっくり出来る場所だと思います。

スポンサーリンク

 - 食べ物・グルメ, 食べ歩き , , , , , , , , ,