知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

膝がカサカサ!粉ふいた膝を早くツルツルにする方法が知りたい

      2017/06/16


冬になると気になるのが膝のカサカサ。

白く粉がふいていると見るだけでも落ち込んでしまいます。

そして、頑張ってお手入れしてもなかなか柔らかくならないのが カサカサ膝でもあります。

しかし、ちょっとしたケアをプラスするだけで今年の冬は、ツルツルの膝を取り戻せます。

それではカサカサ膝のお手入れ方法を 紹介します。

スポンサーリンク

膝がツルツルにならないのは何故?

膝や肘の関節部分は、よく可動するために摩擦が増えます。

床に膝を付くだけでも、角質が厚くなり衝撃を減らします。

また、衣服がこすれるだけでも刺激になり、どんどんと角質が厚くなっていきます。

日常ではこのように、膝と肘は常に摩擦されている状態です。

普段のお手入れだけでは追いつけないのです。

カサカサ膝がツルツルになるには2週間は必要

%e3%82%ab%e3%82%b5%e3%82%ab%e3%82%b5%e3%80%80%e8%86%9d

それだけ酷使している膝なので、お手入れしてもすぐにカサカサになってしまいます。

本格的にツルツルの膝を取り戻すには、2週間ぐらいはかかると思って ケアを頑張りましょう。

逆に、お手入れを続ければ必ず、柔らかいツルツルの膝に戻りますので あきらめないようにしましょう。

それでは、お手入れの方法をあげていきます。

スポンサーリンク

カサカサ膝にサヨナラ!お手入れの方法は?

【角質をやさしくとる】

膝には分厚い角質がついています。

この角質が、保湿をしても浸透しない原因になっています。

それなので、角質を薄くしていかなければなりません。

いきなり、角質を取ってしまうと赤く腫れて痛みを伴うので、ゆっくり少しずつ角質をはがしていきます。

膝への負担が少ないのがスクラブタイプです。

その次に、角質をはがすピーリングタイプになります。

最初はスクラブタイプで、こまめにケアをするのがオススメです。

【必ずお風呂上がりに保湿する】

お風呂上がりは、膝が柔らかくなっている状態です。

しかし、カサカサした膝は水分を保持するバリアが弱まっていますので すぐに保湿してあげましょう。

かさかさ膝にオススメなのは、”尿素”、”コラーゲン”、”ヒアルロン酸”そして”コラーゲン”が入ったクリームが最適です。

こちらの成分が入ったクリームを使えば、保湿するだけでなく水分を蒸発させないように長時間 膝の角質にとどまってくれます。

ニベアは低価格でたっぷりなので、使いやすいです。

【膝にラップパック】

保湿した膝に、ラップを巻きます。

けれど、膝の裏に汗をかいて あせもができたりしやすいので 保湿するときには膝用サポーターをつけ、膝のサイズに折りたたんだラップをサポーターの中に挟むとよいです。

また、そのまま就寝中も保湿できるように、緩めのサポーターを選ぶと良いでしょう。

また、就寝中以外でも保湿を続けたいなら、ジェルの入ったサポーターを着用するのも一つです。

【ナイロンタオルは使わない】

お風呂で膝を洗う時には、刺激が強いナイロンタオルは使わないようにしましょう。

カサカサガサガサになり、乾燥だけでなく黒ずんでしまいます。

手でやさしく洗うか、シルクなどの天然素材がベストです。

関連記事→毎日洗ってるのにこすると垢が出る!顔にもたまるポロポロ出やすい部分はどこか知りたい

スポンサーリンク

 - 美容 , , , , , ,