知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

男女の割り勘は必要?本音が知りたい

   


食べに行くと、必ず支払いがあります。

その時に、スムーズにお金を支払える関係であると とても楽しい食事の時間の締めくくりなります。

しかし、そうはうまくいかないのが世の中です。

今回は、割り勘の悩みについて、いろいろ書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ママ友との割り勘の悩み

ママ友との割り勘の悩みで一番多いのは、子供が参加した時です。

小さい子供だと大人向けの食事を頼まなくても、お子様ランチがあればいいかもしれません。

また離乳食の時期なら、注文を増やす必要もないでしょう。

しかし、お子様ランチでは足りないけど大人のメニューでは多すぎる。

そんな時は、ママ友同士でシェアしたりしながら食事を楽しむことになるでしょう。

その時に、誰がどこまで食べたかわからない時の割り勘は要注意です。

私の子供はあまり食べてないのに、Aさんの子供はたくさん食べる。

このように食べる量が違うのにシェアをすると、食事の回数を重ねるうちに、損をした気分になったり、逆に得をしたような気分になったりと、必ず何かしら差が出てきます。

それは、仕方がないことです。

お金の価値観は、それぞれです。

誰が正しいとかはありません。

けれど、ちょうど良い着地点が見つけにくいのが、割り勘のデメリットでもあります。

解決策は、子連れママ友との支払いで嫌な気分になる相手とは、行かないようにする、これしかありません。

あとは、割り切るしかありません。

バイキングが付いているレストランでしか食事をしないのもありかもしれません。

上司と部下の割り勘の悩み

%e5%89%b2%e3%82%8a%e5%8b%98%e3%80%80%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%80%80%e6%82%a9%e3%81%bf

よく一般的だと思われるのは、年齢や経験が高い側が食事をご馳走する、多めに払うというものです。

しかし上司である年齢が高い人側が、子供や介護などに必要だったりして、自由になるお金が少なかったりします。

給与が低くても、飲み会や食事に使えるお金の違いがあります。

上司だから払うのが当たり前ではなく、上司の気持ちに気遣いできる部下は、ご馳走してもらえる回数が増えると思います。

これは、嫌われていたりすると支払いたくなくなるのが本音です。

可愛くない部下には奢りたくありませんし、嫌いな上司だと奢ってもらっても、感謝の気持ちが持てないものです。

上司と部下との関係は、信頼が全てです。

信頼が強いと、割り勘があったり奢って奢られてと上手に食事を楽しむことができます。

支払いに悩む関係の場合は、やはり人間として仲良くなるのが一番なのです。

スポンサーリンク

男性・女性の割り勘の悩み

男女での食事なら男性が女性の分を全部支払うか、多めに払う のがよくあるケースです。

しかし難しいのは、この場合にはどちらかが下心を持っている場合があります。

そうなると、割り勘では済まされなかったりもします。

基本的に好意がある相手には、ご馳走したくなるものです。

逆に、男女二人での食事は、好意はまだなくても 奢ってもいいかと思える相手である可能性が高いです。

当たり前のように割り勘なら、下心はないはずです。

友達か仕事仲間であるだけです。

ここで一番悩むのが、上司と部下の関係が男性と女性である場合です。

好意を持っていなくても、上司であると部下の女性には、やはり割り勘であっても多く出すことが多いでしょう。

ここらへんの微妙なバランスは、どれを優先的にするかで関係は変化します。

仕事と割り切っていくなら、やはり男女であっても部下である女性は支払う姿勢は必要かもそれません。

当たり前ではないのです。

割り勘の必要性とは

ここまで、ママ友との割り勘、上司と部下との割り勘、男女間の割り勘の悩みを紹介してきました。

恋人同士の話はこちら→お金の価値観が合わない!このまま一緒に生活できるか不安!どうすればいいか知りたい

割り勘の根本的な問題は、そのひと(その人達)と関係を長く続けたいかによります。

どんな立場であっても、お互いが気持ちよく食事をできるのは、相手の立場も考えてのことです。

そのような関係を築けるようにできれば、割り勘の悩みが軽減されます。

あとは、他人は他人、自分は自分、と違う人間なのだということを頭に置いておけば、悩まなくてすみます。

気にならなくなるからです。

割り勘というのは、本音が見え隠れするお金を使ったコミュニケーションでもあるのです。

スポンサーリンク

 - ライフスタイル, お金, 人間関係 , , , ,