ライフスタイル 住まい

一人暮らしには南向き以外が人気?引越しの方角の選び方が知りたい

投稿日:

引越し物件を決めるときに、方角は気になります。

人気のあるのはやはり南向きです。

引越しに慣れていない方でも、なんとなく日当たりの良い南向きにしておけば、まちがいがない気がしませんか?

しかし、生活スタイルによっては南向きでなくても快適に過ごせるのです。

スポンサードサーチ

南向きが選ばれるのは?

日照時間が長くて明るいから。

ほとんどの方がそう思っています。

ですが西向きであっても、東向きでも、南向きに負けないメリットがたくさんあります。

ということは、物件を探す時に 南にこだわらなくてもさほど問題がないということです。

部屋の方角は生活スタイルで選ぶと良い

引越しする部屋は、生活スタイルで選ぶと良いでしょう。

それでは各方角のメリットデメリットを紹介いたします。

【東向きの部屋】

太陽は東から昇り西へ沈みます。

朝が早い生活スタイルの方は、東向きの部屋を選ぶと過ごしやすいでしょう。

目覚めも朝の光のおかげでスッキリと起きれるでしょう。

余談ですが、うつ傾向のかたは東向きの部屋で眠ると、症状が軽くなります。

朝の光は、うつを軽くする力があるからです。

関連記事→朝うつかもしれない?起きてすぐに気分が落ち込む原因が知りたい

夜勤で働いている人は、日中が暗くなり眠りやすい東向きの部屋を選ぶとよいでしょう。

また、夏場は他の方角の部屋に比べ涼しくなります。

その分 冬場は寒くなるのがデメリットです。

【西向きの部屋】

昼から夕方に向けて日差しが強くなります。

仕事から帰ってきて、夕方に家事をする人にはうってつけの時間帯です。

冬の季節には暖かく、夕日が見えて一日の疲れを癒します。

しかし逆に夏場の西日は暑いです。

洗濯物が乾かしやすいですが、部屋が眩しくて遮光カーテンが必須になります。

【北向きの部屋】

他の方角に比べ北向きは暗いイメージがありますが、一日を通して安定の明るさがあります。

仏壇を置いたり、大切なものは北向きの部屋に置くと良いでしょう。

家具が日焼けしたりすることもありません。

夏は、涼しく快適に過ごせます。

エアコン代も節約できます。

また、南向きと違って賃料も安くなります。

【南向きの部屋】

南向きの部屋は、家族が多い方におすすめです。

特にリビングが南に面していれば、家族の団欒も明るく楽しくなります。

また、夏場であれば太陽の位置が非常に高いため、オーニングなどを取り付けて対処すれば、直射日光は入ってきません。

関連記事→賃貸マンションの引越しで最上階のデメリット・メリットをいろいろ知りたい

デメリットとしては、朝日が入らないので寝室向けではありません。

昼からの仕事をしている方には向いています。

また、南向けの窓が生活道路と隣接している場合は、プライバシーを守るために開放しにくくなります。

スポンサードサーチ

部屋の方角選びで迷ったら

以上のように、デメリットメリットはそれぞれあります

しかし、南向きでなければと固執せずに、いろんな方角も検討して過ごしやすい部屋を見つけましょう。

-ライフスタイル, 住まい
-, , , ,

          

関連記事

一人暮らしを始めたらまずは何を節約出来るか知りたい

実家を離れ、一人で生活をスタートする時にいろいろなことが不安です。 寂しい・孤独といった環境による不安、食生活・病気といった健康上による不安。 そして金銭的な面で、全て自分でコントロールしていかなけれ …

髪の毛を突然切りたくなるのはストレス?理由が知りたい

心境の変化というか、髪の毛を突然切りたくなる時が 人にはあります。 もちろん、何かの出来事が影響していることは多いと思います。 それでは実際に、髪の毛を切りたい時というのはどういうことなのでしょうか? …

賃貸ベランダのゴミは苦情の元!ベランダゴミのたくさんのデメリットが知りたい

賃貸住まいの生活で最も考えるのがゴミの処理です。 毎日捨てれるのなら良いですが、大抵はいつ出していいか決められています。 広い部屋なら気になりにくいですが1Kや1LDKのような場合、どうしたら良いでし …

フレンズ英会話 大人になってからでも楽しく話せる一人で出来る勉強法が知りたい

英語が話せるようになりたい!と強く思ったのは、まるで英語が話せないのに、英語が母国語の恋人が出来た時でした。 その時にいろんな勉強法を試しました。 まず石川遼選手が宣伝しているスピードラーニング 七田 …

女性や子供でも使える台風・暴風・大雨に最強な傘!壊れない防風傘が知りたい

日本は台風が多い国ですが、警報が出ない限りは通学や通勤は避けられません。 風がものすごく強い時など、傘が意味をなさないものも多いです。 逆に風にあおられて、傘に人が振り回されるようなことがあります。 …