ライフスタイル 住まい

一人暮らしには南向き以外が人気?引越しの方角の選び方が知りたい

投稿日:

引越し物件を決めるときに、方角は気になります。

人気のあるのはやはり南向きです。

引越しに慣れていない方でも、なんとなく日当たりの良い南向きにしておけば、まちがいがない気がしませんか?

しかし、生活スタイルによっては南向きでなくても快適に過ごせるのです。

スポンサードサーチ

南向きが選ばれるのは?

日照時間が長くて明るいから。

ほとんどの方がそう思っています。

ですが西向きであっても、東向きでも、南向きに負けないメリットがたくさんあります。

ということは、物件を探す時に 南にこだわらなくてもさほど問題がないということです。

部屋の方角は生活スタイルで選ぶと良い

引越しする部屋は、生活スタイルで選ぶと良いでしょう。

それでは各方角のメリットデメリットを紹介いたします。

【東向きの部屋】

太陽は東から昇り西へ沈みます。

朝が早い生活スタイルの方は、東向きの部屋を選ぶと過ごしやすいでしょう。

目覚めも朝の光のおかげでスッキリと起きれるでしょう。

余談ですが、うつ傾向のかたは東向きの部屋で眠ると、症状が軽くなります。

朝の光は、うつを軽くする力があるからです。

関連記事→朝うつかもしれない?起きてすぐに気分が落ち込む原因が知りたい

夜勤で働いている人は、日中が暗くなり眠りやすい東向きの部屋を選ぶとよいでしょう。

また、夏場は他の方角の部屋に比べ涼しくなります。

その分 冬場は寒くなるのがデメリットです。

【西向きの部屋】

昼から夕方に向けて日差しが強くなります。

仕事から帰ってきて、夕方に家事をする人にはうってつけの時間帯です。

冬の季節には暖かく、夕日が見えて一日の疲れを癒します。

しかし逆に夏場の西日は暑いです。

洗濯物が乾かしやすいですが、部屋が眩しくて遮光カーテンが必須になります。

【北向きの部屋】

他の方角に比べ北向きは暗いイメージがありますが、一日を通して安定の明るさがあります。

仏壇を置いたり、大切なものは北向きの部屋に置くと良いでしょう。

家具が日焼けしたりすることもありません。

夏は、涼しく快適に過ごせます。

エアコン代も節約できます。

また、南向きと違って賃料も安くなります。

【南向きの部屋】

南向きの部屋は、家族が多い方におすすめです。

特にリビングが南に面していれば、家族の団欒も明るく楽しくなります。

また、夏場であれば太陽の位置が非常に高いため、オーニングなどを取り付けて対処すれば、直射日光は入ってきません。

関連記事→賃貸マンションの引越しで最上階のデメリット・メリットをいろいろ知りたい

デメリットとしては、朝日が入らないので寝室向けではありません。

昼からの仕事をしている方には向いています。

また、南向けの窓が生活道路と隣接している場合は、プライバシーを守るために開放しにくくなります。

スポンサードサーチ

部屋の方角選びで迷ったら

以上のように、デメリットメリットはそれぞれあります

しかし、南向きでなければと固執せずに、いろんな方角も検討して過ごしやすい部屋を見つけましょう。

-ライフスタイル, 住まい
-, , , ,

          

関連記事

トイレでアイコス(iQOS)は吸える場所?バレないか知りたい

気づいたらアイコス(iQOS)を吸っている人が、私の周りでもかなり増えてきました。 喫煙者にとっては、アイコス(iQOS)は、非常に人気のようです。 ただ少し気になる点があります。 それは誰でもが考え …

独身に戻りたい、独り身が羨ましい!人生をやり直すにはどうすればいいか知りたい

結婚をして、家族が増えて日々暮らして年々歳をとっていく。 そんな最中に ふっと焦燥感に駆られることがあります。 誰でも一度は感じたことがあると思います。 俺(私)の人生、これで良かったのだろうか? こ …

靴下(ソックス)を片方だけ無くす人は実は世間体を気にする人が多い?

スポンサードサーチ 靴下が片方なくなる人は世間体を気にする? 靴下(ソックス)を履こうと思ったら片方無い。 洗い終わって干そうと思ったら片方無い。 なぜか みつからない。 まぁいいや、そのうち見つかる …

夏の遊びの定番!手持ち花火・打ち上げ花火ができる場所、線香花火が長持ちする方法が知りたい

花火ってワクワクしますよね。 見に行くのも自分でするのも。 ただ昔と違って、住んでいる環境によっては 花火をしていい場所がわかりません。 ご近所の迷惑にもならず、楽しめる場所は一体どこなのでしょう? …

女性や子供でも使える台風・暴風・大雨に最強な傘!壊れない防風傘が知りたい

日本は台風が多い国ですが、警報が出ない限りは通学や通勤は避けられません。 風がものすごく強い時など、傘が意味をなさないものも多いです。 逆に風にあおられて、傘に人が振り回されるようなことがあります。 …