知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

足の裏が熱くて眠れない!熱い原因が知りたい

      2017/06/29


ほっこりしてお布団に入り、さあ寝よう!としても足の裏が熱くて寝れません。

今まではこんなことがなかったのに心配です。

足の裏が熱くて眠れないとき、もしかしたら病気かもしれません。

スポンサーリンク

足の裏が熱くて眠れない原因は糖尿病?

足の裏が熱いときは、糖尿病、もしくは糖尿病性神経障害にかかっている可能性があります。

糖尿病になると、血液中の糖分が多くなりドロドロした血になります。

その結果、体のすみずみまで血液が行き渡らないため 心臓から遠い足の先に症状が出やすくなります。

足の裏が熱い、もしくは冷たい、無感覚であるといったどれかの場合は、糖尿病を疑ってみるべきかもしれません。

更に、尿が泡立つ、多尿になる、汗をかきやすくなったなどの症状があるなら、すぐに病院で診てもらいましょう。

足の裏が熱くて眠れないのは甲状腺が原因?

甲状腺の機能が低下すると足の裏が熱くなります。

甲状腺の役割というと、主に新陳代謝を活発にするホルモンを作っています。

それを甲状腺ホルモンといいますが、新陳代謝を活発にするだけでなく心臓や胃腸を活性したり、体温の調整をしたりします。

この甲状腺ホルモンのバランスが崩れると、足の裏が熱くなったり脈拍や体重が増減したりして不眠につながります。

体重の変化が急に激しくなったり、胃腸の調子が悪いなどの症状がある場合は、甲状腺機能が低下しているか 調べてもらうべきです。

足の裏が熱くて眠れないのは一時的なもの

人は、眠りに落ちるとき体温が下がります。

この体温が下がることで、ぐっすりと深い睡眠が得られます。

体温を下げるには、体の中の熱を放出するため 一時的に足の裏が熱くなります。

この場合は熱が抜けたら眠れるので、特に心配することはないでしょう。

また、夏の時期は体温が上がりやすく 放出できないまま布団に入ることが増えます。

しっかりと湯船に浸かり、内蔵も温めておくと 熱の放出がスムーズになりますので 眠れないときこそお風呂にゆっくり入りましょう。

関連記事→眠りたいのに寝れない!意外に寝なくても疲れは取れている?眠りに落ちやすくなる方法が知りたい

スポンサーリンク

仕事の影響で足の裏が熱い

立ち仕事の方は、足がむくみやすく血行が悪くなりがちです。

血行不良で足の裏が熱く感じることがあります。

夜勤で働いている方も、体温調整が乱れやすいために足の裏が熱くなることもあります。

どちらも、湯船につかり体の疲れを取るように心がければ改善されるでしょう。

最後に

足の裏が暑いと眠れません。

一時的なものか、病気にかかっていないかは、他の症状があるかないかで変わります。

眠れない日が長く続くと、精神的にも疲労します。

一度病院で調べてもらいましょう。

スポンサーリンク

 - 健康・医学 , , ,