知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

ヒアリが怖い!刺された時の応急処置が知りたい

      2017/07/12


最近では頻繁に、ヒアリが発見されたとニュースを騒がしています。

聞きなれない品種だけに、不安もあります。

しかも、猛毒を持っているなんて聞いてしまうと怖いものですね。

これから もしかしたら日本で大繁殖するかもしれないヒアリが、どんな虫であるか知っておきましょう。

スポンサーリンク

ヒアリが怖い!どんな虫?

ヒアリの色は赤茶色で、他のアリと同様に女王アリと働きアリがいます。

女王アリは羽がついていて、繁殖するために飛び周り、卵を産みます。

それを結婚飛行と呼ばれています。

女王アリのために動く働きアリは2.5mm~6mmぐらいの大きさです。

女王アリは 1時間に80個のスピードで卵を産むほど繁殖能力が高く、1日に換算すれば約2000個、生涯では200~300万個の卵を産むと言われています。

雨や水にも対応でき、互いの体で組み合って筏を作り水たまりに浮くこともできます。

”殺人アリ”と異名を持っており、スズメバチと同様に1度目の攻撃の後、次に刺された場合にアナフィラキシーショックを起こす可能性が高いです。

ヒアリの日本で見つかった報告

5月26日 兵庫県尼崎市、中国からの貨物船で運ばれたコンテナでヒアリを発見

6月18日 兵庫県神戸市、ポートアイランドのコンテナヤード アスファルト舗装の亀裂部分で約100匹のヒアリ発見

7月4日 大阪港でヒアリを発見 この時に女王アリを採集

7月6日 愛知県春日井市鷹来町にあるパナソニックの子会社でヒアリ1匹を発見

7月7日 東京大井埠頭の陸揚げされたコンテナで、100匹以上のヒアリ発見

もしもヒアリを見つけたら

もしかして、ヒアリかも?

そんなときは環境省に連絡しましょう。

環境省連絡先 地方事務所一覧

生きて捕獲できる余裕があるなら別ですが、大抵は怖くてすぐに駆除したくなります。

せっかく発見しても逃げられたら意味がありませんし、被害を増やさないためにも 殺虫剤や熱湯、もしくは踏み潰すなどでもして、駆除するしかありません。

スポンサーリンク

ヒアリに刺された!応急処置はどうする?

ヒアリに刺されたら、激痛が走ります。

しかも攻撃性が強いので何度も同じ箇所を刺されます。

刺された部分は、ぷくっと膨れ、膿疱になります。

その時はすぐに、漂白剤を同量の水で薄めたのを作り、幹部を洗浄しましょう。

(かなり痛いですが我慢です。)

その後は市販の虫刺されの薬で処置します。

出来れば病院で診てもらうと安心です。

ヒアリに刺された場合、とても怖いですが一度目は大丈夫です。

しかし、二度目にはアナフィラキシーショックが出る場合があります。

現状では、日本にほとんど繁殖していませんので そこまで不安になることはないでしょう。

最後に

知れば知るほど怖いヒアリの生態ですが、女王アリは2年ほどしてから次の女王アリを産みます。

それなので、早期発見して駆除することができれば繁殖を抑えることができるでしょう。

そして、日本では流通過程での発見がほとんどです。

このまま、ヒアリの繁殖を防げることを願っています。

スポンサーリンク

 - ライフスタイル