知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

季節の変わり目 秋がくると眠くなるのは何故か知りたい

   


暑い夏が終わり、秋の気配が感じる9月頃になると、異常に眠くなることがあります。

睡眠も十分なはずなのに、朝が起きられない。

日中もなんだかずっと眠い。

それには理由があるのです。

スポンサーリンク

季節の変わり目 何故、秋がくると眠くなるの?

秋がくると眠くなる理由を説明しましょう。

秋が近づくにつれ、朝の気温が下がります。

気温が下がることにより、睡眠に快適な温度になります。

暑くて寝苦しい、なんてこともなくなります。

快適な温度になることで、副交感神経が活発になります。

副交感神経というのは、リラックスするときに働く神経です。

そして、その副交感神経の働きにより 低体温や血圧の低下が起こり、心身ともにいわゆる”やる気のない状態”になってしまいます。

そのやる気のない状態が続くと、体はだるくなり、いつでも たらたらと眠気があるのです。

日照時間と眠気の関係

気温だけが理由ではありません。

秋になると、だんだんと日照時間が短くなります。

夏は、早朝から明るい日差しが差し込みますが、秋や冬には起床時間になっていも、外が薄暗いままです。

私たちの身体は、太陽の光を浴びることで、交感神経が活発になり、体内時計が正しくなります。

しかし、日の出が遅くなるとともに、副交感神経から交感神経への切り替えが上手にできなくなってしまいます。

それで秋になると、眠気が強くなってしまうのです。

それでは、眠気を覚ますにはどのようにすれば良いのでしょうか?

朝はカーテンを開けて日光を浴びよう

眠気を覚ますには、日光を浴びるのが一番です。

朝、目覚めたらカーテンを開けて陽の光を浴びましょう。

時間に余裕があるならば、ベランダでコーヒーを飲んだりして日光浴の時間を長めにとるのがオススメです。

犬の散歩も、夜より早朝がおすすめです。

日光浴には、交感神経を活発にしてくれるだけでなく、夜の睡眠を深くとれるようにしてくれる作用もあります。

時間で言えば日光を浴びてから、約10~14時間後に作用されます。

夜の睡眠が深くとれるようになれば、目覚めもよくなり日中の眠気も改善されます。

カーテンを開けるだけで、これだけの効果があるのです。

スポンサーリンク

睡眠の質をあげよう

スマホやPCのブルーライトは、寝付きを悪くさせますのでできるだけ控えましょう。

こちらの記事に詳しく書いてあります。

スマホを触ればお腹が空く!ブルーライトで食欲増進?肥満への影響が知りたい

また、お腹がいっぱいでも、空きすぎても寝付きが悪くなります。

深い眠りにつくにはココアがおすすめです。

便秘や安眠に効く身体にも良いゴディバのココア!美味しい作り方が知りたい

肩こりを軽減する枕でゆっくり眠ると目覚めが良くなります。

眠気が取れないときは、少し無理をしている時です。

疲れが蓄積する前に、はやめに体を労わりましょう。

スポンサーリンク

 - 健康・医学