知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

毛布を洗濯!ふわふわになるちょっとしたコツを3つ知りたい

   


寒い季節になると、毛布やコタツでヌクヌクしたいですね。

冬の毛布は使用頻度が高いため、汚れやすいです。

しかし寒いと、洗濯するのもおっくうになります。

また洗い替えの毛布を持っていなければ、長い間 洗濯をしないまま使ってしまうこともあります。

あなたの家の毛布は、キレイですか?

それでは毛布を洗ってみましょう。

スポンサーリンク

洗濯表示を確認する

毛布を洗う前にはまず、洗濯表示を確認します。

おそらく、クリーニングに出さなくとも自宅で洗濯できるのが多いでしょう。

洗濯機マーク、手洗いマークにバツがついている場合は、長く愛用するためにクリーニングを利用するのをオススメします。

使用する洗剤の種類は何がいい?

【ウールには中性洗剤】

毛布の素材にウールが入っているときは、中性洗剤を使用しましょう。

中性洗剤とはどんなものかというと、洗浄力が控えめですが素材への負担が少ないです。

見た目には汚れがなく、匂いだけが気になる毛布には、とても適しています。

トップのナノックスやハイジアは、防臭力にとても優れているのでオススメです。

目立った汚れがあるなら、その部分だけ事前につまみ洗いをしておきましょう。

ウールが入っていない毛布であれば、中性洗剤でなくてもかまいません。

ひどい汚れには粉末洗剤がよく落ちますが、水が冷たい冬の時期は、毛布に粉末洗剤が残りやすいのでオススメできません。

【白い毛布には蛍光剤入りの洗剤を使う】

蛍光剤入りの洗剤をつかうと白い毛布は真っ白になります。

逆に色付き毛布の場合には、蛍光剤入りは避けておくのが無難でしょう。

スポンサーリンク

ふわふわ毛布にするコツを3つ

【コツ①】

ふわふわ感を出すには、粉末洗剤よりも液体洗剤が 毛布洗いに向いています。

毛布洗い専用の洗剤を使うとよいでしょう。

【コツ②】

ふわふわにするには、洗濯の最後のすすぎの時に、クエン酸を加えます。

目安として水40ℓに対しクエン酸は小さじ1杯です。

クエン酸は、洗剤に含まれているアルカリ成分を中和する働きがあります。

その結果、毛布の繊維をゴワゴワさせずふわふわにしてくれます。

クエン酸がない場合は、お酢でも代用できます。

目安は水40リットルにお酢が大さじ1杯です。

【コツ③】

ふわふわ毛布にするには脱水時間も重要です。

脱水時間は、少なめで水気が切れるぐらいでかまいません。

水分を含んだ毛布は重いので、干す時には物干し竿2本を使い 出来るだけ風が通るよう、毛布を広げて干しましょう。

広げて干すことで、生乾きを防げます。

浴室乾燥機を使う方も同様に、広げて干すようにしましょう。

洗濯が簡単!着る毛布

寝るときだけでなく、部屋着で大活躍なのが 着る毛布の”GROONY(グルーニー)”

↑こちらは正規品販売店です。

毎年、色違いを購入しています。

暖かくてオススメです。

スポンサーリンク

 - ライフスタイル, 住まい