知りたい何なに

知りたい情報 お届けします

何度でも食べたくなる!キノコとチキンのクリームパスタのレシピが知りたい

      2018/03/31


簡単で失敗しなくて、それでも手の込んだように見える、美味しいパスタ料理があります。

もし、パスタが苦手であっても心配いらないほどです。

さて、今回はキノコとチキンのクリームパスタのレシピを紹介致します。

スポンサーリンク

 

何度でも食べたくなる!キノコとチキンのクリームパスタのレシピ

用意する材料です。

【材料】(1人前)

・パスタ:100g

・オリーブオイル:15cc

・鶏肉(もも):80g

・玉ねぎ:1/4

・にんにく:1かけ

・きのこ(えのき、しめじ、まいたけ等):ひとつかみ

・生クリーム:60cc

・牛乳:60cc

下準備として、鶏肉は一口大に、玉ねぎは薄く切っておきます。

きのこは、ほぐしておきましょう。

 

※きのこは、熱が入るとかさが減りますので多めでもかまいません。

 

にんにくはみじん切りにします。

生クリームと牛乳は合わせて120ccです。

濃厚な味が好きな場合は、生クリームだけでも美味しくできます。

【仕上げ用材料】

・粉チーズ(グラナパダーノ):大さじ1

・パセリ:小さじ1

・パプリカ:少々

・ナツメグ:少々

・黒胡椒:少々

・飾り用イタリアンパセリ:少々

飾り用は、セルフィーユなどでもかまいません。

パプリカは彩りに、ナツメグは風味付けに用います。

それでは、作りましょう。

スポンサーリンク

 

キノコとチキンのクリームパスタを作る

① お湯を沸かす

まずは、塩水を沸かします。

塩分濃度は、水1リットルに対して塩が10gが基本ですが、クリームパスタは他のパスタより、しょっぱめに茹でると美味しいので、気持ち多めに塩を入れるとよいでしょう。

お湯が沸いたら、パスタを茹でます。

 

② 材料を炒める

次にフライパンにオリーブオイルを入れて鶏肉を焼きます。

鶏肉を焼くときに油がはねやすいので、やけどに気をつけましょう。

鶏肉が茶色く色目がついてきたら、玉ねぎを入れて、しなっとするまで炒めます。

火加減は様子を見ながら、調整しましょう。

強火だとにんにくが焦げやすくなります。

玉ねぎがしなっとしたら、にんにくを入れて軽く混ぜ合わせるように炒め、きのこを入れます。

きのこはすぐに、火が入ります。

きのこもしなっとしたら、牛乳と生クリームを入れます。

これでソースはほぼ完成です。

 

③ 乳化させる

ソースの火を弱火にして、パスタの茹で汁(約50cc)を入れます。

火を中火にしてグツグツとなるまで待ちます。

フライパンを揺すりながらソースを乳化し、茹で上がったパスタを入れます。

トングで混ぜ合わせ、味見をしましょう。

※この時に味が薄かったら塩を足します。

 

④ 盛り付け

温めたお皿に盛り付けします。

鶏肉やキノコが、パスタの上にくるように盛り付けると美味しそうにみえます。

フライパンに残ったソースはヘラでこそげて取りましょう。

 

⑤ 仕上げ

粉チーズ、パセリ、パプリカ、ナツメグ、黒胡椒を上からかけ出来上がりです。

スポンサーリンク

 

最後に

材料を揃え、しっかりと手順を守り作れば誰でも簡単にできるパスタです。

きのこの食感が楽しく、お酒にも良く合います。

これひとつ作れるだけで、ソースはパスタ以外にも応用できるので、いろいろ試してみるとレパートリーが広がります。

さっぱり味が好きなかたは、鶏もも肉を胸肉にして生クリームを減らし牛乳を多めにすれば、あっさり味になります。

ぜひ、お試し下さい。

 

関連記事→極める!2種類のオイルとニンニクの究極ペペロンチーノ!作り方のコツが知りたい

 

 - 食べ物・グルメ , ,